« 春色 | トップページ | Festival del giornalismo di Perugia »

2010/05/01

ワインの賜物

Vittorio この時期はイタリアも飛び石連休が多く、なんとなくお休みムード。

おとといからダンナもシチリアに帰省中につき、自分のペースで仕事が出来、なかなかはかどらなかったパッケージのお仕事が一気に片付いて一安心といったところ。

普通の業務処理は良くても、創る仕事は一人で集中できる空間があるのが一番いいようです。

今年の頭から新たに日本に紹介するワインを模索していた私たちですが、思いがけず素敵な造り手さんに出会うことが出来ました。

ピエモンテのバルバレスコのゾーン、アルバ郊外にある家族経営の小さなワイン農園、Adriano Marco e Vittorio.

Barbarescoをはじめ、Nebbiolo Langhe, Barbera d'Alba, Dolcetto d'Alba, Moscato d'Asti, Sauvignonを100%自家栽培の葡萄で仕込んでいます。

この画像がオーナー家族の一人、ヴィットーリオ氏で、彼は主に醸造の工程をフォローしています。

美味しいワインは畑作りからというわけで、葡萄畑のケアはご兄弟のマルコ氏が担当。奥さんたちがお客さんのフォロー、経理と完全に家族経営でやっていて、人件費を節約できる分、少しでも良心的な価格で美味しいワインを提供したいというポリシーで、本当に品質の良い上品な味わいのワインをお手ごろな価格で提供してくれています。

おかげさまでお客様にも気に入っていただき、早速赤3種(バルバレスコ、バルベーラ・スーペリオーレ、ネッビオーロ・ランゲ)を日本へも輸出開始で、お客さんの反応も上々のようです。

ピエモンテというとやはり王道は赤ワインということで、彼らも畑の大部分は土着品種のネッビオーロ、バルベーラ、ドルチェットが占めていますが、赤ワイン用の葡萄にあまり向かない土壌条件の部分に向いている白葡萄を模索した結果、ソーヴィニョンが彼らの土壌とうまくマッチしたとのことで、近年仕込みを本格的に始めたようです。

Sauvignon ケータイの画像で分かりづらいのですが、こちらはLanghe Bianco "Basarico'".

正直ソーヴィニョンは個人的に好みの品種ではないので、セレクトの対象から外してたのですが、試飲して印象ががらりと変わりました。

普段北東イタリアのソーヴィニョンをゾーンのものはベジタブル臭が口の中に残余韻が嫌いなのですが、アドリアーノのソーヴィニョンはハーバルで、フルーティでデリケートな風味ながら口の中に優しい余韻が広がり、全体のまとまりがよく、これだったらデイリーワインとして是非お家に欲しい1本です。

ちなみにワインの名前は、ハーバルな風味のワインのため、バジリコのピエモンテの方言とバルバレスコの生産ゾーン、バザリンを彷彿させる言葉としてつけたとか。

もちろん、美味しいワインと出会えることはとても幸せなことですが、今回こうやってご縁があってヴィットーリオ氏との付き合いが始まり、こんなに素晴らしいイタリア人がいていいのだろうか?と思うくらいとてもさりげない気配りが上手で他人思いの人で、仕事以前にこういう人とお近づきになれて、幸せなことだなって思います。

彼もとても私たちのことを大事に思っているらしく、直接自分の仕事に関係ないことなどでもいろいろと手助けをしようとしてくれ、(注:決しておせっかいではない、有益なお手伝いです。)ちょっといろんな意味で一緒に面白いことができそうな予感です。

ワイン同様にチーズも大好きな私ですが、ヴィットーリオも大のチーズ好きらしく、いろいろと話も盛り上がり、そのうち一緒に企画して彼の葡萄の絞りかすで仕込んだ酔っ払いチーズなども仕込んでもらえるようになればいいな~なんて話をしたり、彼のお友達のチーズの熟成士のところに一緒に遊びに行く話などで意気投合し、仕事がちょっと落ち着く時期に遊びに行くのが今から楽しみです。

ヴィットーリオいわく、ワインは人のハートを開き、繋いでくれる最高の友。

実際に会ったのは2回だけなのに、なんだか凄い昔からどこかで繋がっていたような印象を持つとても貴重な出会いを与えてくれたワインに大感謝です。

アドリアーノのワインは飲んでいて、美味しいのに加え、なんだかほっとさせてくれる優しい味わいで、造り手の人柄が出るんだなって思いました。

彼のワインへの情熱、思い入れがぎっしりと詰まったワインが日本でも長く愛されますように・・・

|

« 春色 | トップページ | Festival del giornalismo di Perugia »

コメント

AYAちゃん、こんにちわ☆
ゴールデンウィークは1日だけしかお休みがなく慌ただしく過ぎていきました…が、
今週末は3連休で、今、鼻血を出しながら(笑)PCに向かってますcoldsweats01

このワインはD&Dに並ぶものかしら?
春になってからお店を覗けていないので、既に別のワインが並んでいるとしたら行かなくちゃ!と思っていたところです。

これからの時期の白ワインはさらに美味しいよね~♪
ホームパーティーとかに、ぜひ持っていきたいと思ってます。

ではでは、またねclover

投稿: key | 2010/05/08 09:47

keyちゃん

久しぶり~。GWお疲れ様でした。ちょっとは休養できたかな?鼻血出しながらPCに向かってる姿想像しちゃったよ(爆)
このメーカーの赤(バルバレスコ、バルベーラスーペリオーレ、ランゲネッビオーロ)とGualtieriというランブルスコの赤発泡ワインのドライと甘口の商品は4月から並んでるよっ。
時間がある時にでも六本木のお店覗いてみてね!
これから徐々にラインアップを増やしていく予定なの。
またね!

投稿: Aya | 2010/05/08 10:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春色 | トップページ | Festival del giornalismo di Perugia »