« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/22

キャンティの週末

Img_8432

ここのところプライベート返上で仕事の日々ですが、今朝はキャンティクラッシコのワイナリーにお邪魔してきました。

Img_8429

なんだかぜんぜん初夏らしい天候のなかったトスカーナですが、やっとちょっとだけ青空を拝むことが出来た今日。

これが先週だったら日本からのお客様にも素敵なトスカーナを見てもらえたのに・・・とちょっと心残りです。

ワイナリーにはレモンが実り、それ以外の野の花が綺麗に花を咲かせてくれていて、ちょっとだけですが、初夏の雰囲気を楽しむことが出来ました。

Img_8438

こちらはフレンチオークのバリック樽で熟成中のサンジョヴェーゼのワインたち。

12-18ヶ月とゆっくりと時間をかけて樽熟成され、独特のバニラ臭を吸い込んだ角が取れてまろやかになったタンニンを味わうために必須の過程です。

続きを読む "キャンティの週末"

| | コメント (4)

2010/05/10

火山の影響?

Mothers_day_4

いつまで経っても初夏を思わせる陽気にならない今年の気候。昨日ちょっと晴れ空を拝めたかと思いきや、今朝はまだどんより曇り空に逆戻りです。

おかげでお庭の花の開花も例年よりも若干遅めのようです・・・

4月に植えつけたライトグリーンを帯びたクレマチスもやっと咲き始めたばかりですが、すぐに雨に打たれて花びらが痛んでしまいちょっと可哀相。

続きを読む "火山の影響?"

| | コメント (5)

2010/05/02

Festival del giornalismo di Perugia

Al Goreが創立したCurrent TV.をイタリアでもSKY130チャンネルで見ることができますが、世界中のいろんな問題を取り上げた素晴らしいドキュメンタリー番組が凝結されたインディペンデンス系の局で、どこの国でも正しい情報がなかなか入ってこない中で貴重な存在です。

去年北朝鮮で拉致されたジャーナリストもカレントTVのスタッフでしたが、いろいろとタブーとされる部分にも入り込み、いかなるものにも物怖じしない姿勢は報道の自由を守る意味でも見習うべきものがあります。

ジャーナリズムはある特定の思想や政党を支持するのもではなく、あくまでも真実を伝え、それぞれその報道を見る人それぞれが自分の頭で考えることができるようにバランスの取れた情報を与えることだと思いますが、カレントはまさしくそういう意味でとても有益な情報源です。SKYに入っていなくてもHPから番組を見ることができるので、興味がある人は見てみてください。(英語かイタリア語で見れます。)

日本に関するものもあって、自国に関してもいろいろと考えさせられる部分があります。

さて、先週ペルージャでFestival del Giornalismoが開催され、Al Gore, Roberto Savianoをゲストに向かえ、ジャーナリズムに関する講演、討論の様子をSKYのニュースチャンネルでもライブで報道してました。SKYのニュースチャンネルではいまやイタリアで唯一ある程度正しい情報を得られる報道番組だと思いますが、イタリアが向かっている方向に少しでもブレーキをかけてくれる存在として健闘してくれることを祈ってます。

これまではCATV加入者しか見れなかったニュースですが、現在デジタル放送の新しい放送局Cieloでもニュースの時間帯に放送されるようになり、デジタル化が進むにつれ、少しでも多くの人たちの情報源となってくれる日が来ることで、活字をほとんど読まないTV依存派の層の人たちにも少しでも今のおかしな状況に気づいてくれればいいなと思います。

、一般のTVではほとんど触れられてなかったようなので、フェスティバルの内容のリンクを入れておきます。時間がある時にでも興味のある人はご覧くださいませ。

http://current.com/groups/cultura/92400430_speciale-al-gore-saviano-parte-1.htm

http://current.com/groups/cultura/92400484_speciale-al-gore-saviano-parte-2.htm

http://current.com/groups/cultura/92400562_speciale-al-gore-saviano-parte-3.htm

http://current.com/groups/cultura/92400614_speciale-al-gore-saviano-parte-4.htm

続きを読む "Festival del giornalismo di Perugia"

| | コメント (2)

2010/05/01

ワインの賜物

Vittorio この時期はイタリアも飛び石連休が多く、なんとなくお休みムード。

おとといからダンナもシチリアに帰省中につき、自分のペースで仕事が出来、なかなかはかどらなかったパッケージのお仕事が一気に片付いて一安心といったところ。

普通の業務処理は良くても、創る仕事は一人で集中できる空間があるのが一番いいようです。

今年の頭から新たに日本に紹介するワインを模索していた私たちですが、思いがけず素敵な造り手さんに出会うことが出来ました。

ピエモンテのバルバレスコのゾーン、アルバ郊外にある家族経営の小さなワイン農園、Adriano Marco e Vittorio.

Barbarescoをはじめ、Nebbiolo Langhe, Barbera d'Alba, Dolcetto d'Alba, Moscato d'Asti, Sauvignonを100%自家栽培の葡萄で仕込んでいます。

この画像がオーナー家族の一人、ヴィットーリオ氏で、彼は主に醸造の工程をフォローしています。

続きを読む "ワインの賜物"

| | コメント (2)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »