« 久々の富士山 | トップページ | 新緑の季節 »

2010/03/05

突然の知らせ

早いもので3月。

日本に一時帰国したのなんてはるか昔に感じてしまうほど濃厚な時間を送ってた今日この頃ですが、今朝バールから戻ってきた主人から残念な知らせが・・・

私たちがよく足を運ぶバールの外には去年の秋くらいから毎日外で物売りをしている黒人の男の子、LUCEがいた。よくよく聞くとブライトンという名前らしいが、イタリア人が自分の名前を覚えてくれないから、名前の意味にちなんでLUCEにしたんだ、とお話していた彼はセネガル人とガーナ人のハーフの黒人で、どうやらシチリアからイタリアに上陸したらしい話をしていた。

とても感じの良い男の子で、時々彼から物を買ってあげたり、バールでもらったお釣をあげたり、食べ物をあげたりして少しでも生活できるように手助けしてあげてたのだが、今朝バールに行ったら、黒人の男の子が変わっていたので、気になって主人がその男の子にLUCEは今日はいないの??って聞いたところ、不法滞在で捕まり、南イタリア、バーリにある収容所に連行されてしまったとのこと。

なんだかその話を聞いてとてもむなしい気持ちになった。

私が彼に会ったのは今週月曜日、週末にあげたビスコッティが美味しかった、有難うって嬉しそうにお礼の言葉をくれたのが最後だった。

不況で仕事がないという言葉を耳にするようになって結構時間が経つが、実際には自分が就きたい仕事がないという条件がつくことも少なくはない。しかし、世の中にはただ極貧の国に生まれたというだけで選択の余地もなく、こういう形でなんとか生き延びなくてはならない人たちがたくさんいる。

LUCEは英語もイタリア語も上手に使いこなし、一生懸命、この国の人たちに受け入れてもらおうと常に努力していたのが目に見えて分かる感じだっただけに、こうやって朝バールに行った時に無邪気に話しかけてきてくれていた彼がいなくなって、とても淋しく思う。

国に強制送還されるのも時間の問題だと思うが、せめて人間としての扱いをしてくれていることを祈りたい。

|

« 久々の富士山 | トップページ | 新緑の季節 »

コメント

可哀想に・・・家の近所でも実は今年の初めにあったんですよ。同じような話(この地区が現在取り締まり強化しているとう事でしょうか?)一人は、一軒一軒、色々な物を持って訪問販売する黒人の人で、感じがよくてしつこくもないし、道で逢うたびに、こんにちわ。ワンちゃんって言ってくれて、雨の日も寒い日も、いつも機嫌よく陽気な感じの人でしたから、いつか何か買おうって思っていた矢先だったんですよね。・・多分同じ場所に収監されたんでしょうね。あと。もう一人は、近所で老人介護をしていたペルー人のこれまたよく働く女性で感じのいい人でしたが、最後のお給料も受け取らず、夜逃げのようにして消えてまったんですって・・。なんか聞き込みだかタレコミだかがあったとか言う話でその直後だったらしいです。

可哀想に・・と思いました、

投稿: ihoko | 2010/03/05 17:41

ihokoさん

ほんと黒人の人たちは取り締まりが厳しくって可哀相ですよね。今回いなくなった彼もアンジーにciao caneっていつも言って可愛がってくれてました。

確かにシチリアとかに行くと、かなりの不法移民がいるのが目につき、正直怖いと思うこともあるので共存していくのはデリケートな面もたくさんあるのも良く分かるし、根の深い問題だと思いますが、せめて一生懸命仕事して頑張っている人たちにはそれなりの対応をしてあげて欲しいと願いたいものです。

投稿: Aya | 2010/03/09 15:48

お久しぶりです。
日本に帰られていたのですね。
私も先月1週間ほど滞在しました。

移民の話は、いつ聞いても複雑な気持ちになります。
不法滞在者が不法滞在するにはそれなりの事情があってのはず。一方で、「法を犯した」人間にそれなりの処置をしないもの問題。貧困が原因の犯罪だって数多くあるし・・・。

法律でどこかで一線を引かなくちゃいけないのもわかるけど、法で裁かれるほうは人間だから、それぞれの人生がある。難しいですね。

そうそう、今年またイタリアのアグリに行こうと計画中です。今回はフィレンツェ近郊にしようかと思っています(オルチャ渓谷最高でしたが、さやが車に酔っちゃって・・・^^;)

投稿: Cories | 2010/03/10 14:21

Coriesさん

こちらこそご無沙汰してます。
なんだかずっとばたばたしていてブログに遊びに行く暇もなくってごめんなさいね。日本にご帰国されてたんですね。

移民の問題、確かに難しいですよね。アフリカ人や旧東欧諸国の移民たちが、本当に想像を絶するような世界で暮らしていて、家族をなんとか支えなくてはならずに法を犯しても、危険を冒してでもなんとか生き延びなければならない人たちが現実にいることを目の当たりにすると本当にどう言葉を返してよいかいつも困ります。

全てが複雑に絡んでいて、一部分だけ改善しようとしてもそうはいかないし、生き延びるためにやむを得ず犯罪に頼らなくてはならなくなる人もいるだろうしで、何が一番いいのか分からないですよね。

話は変わりますが、またトスカーナにいらっしゃる予定とのこと。フィレンツェ近郊だったら是非声をかけてくださいねっ。

投稿: Aya | 2010/03/10 17:36

本当に強制送還にされるんだねぇ~。。。
しかし、ジプシーとかで自分の国もない人達ってどうなるんだろ?もちろん滞在許可書も持ってないだろうし、パスポートも持ってないだろうし・・・
アフリカからの人たちって、本当に命をかけてイタリアに渡って来ただろうから、つらいだろうなぁ。。。

投稿: gellius | 2010/03/18 19:53

gelliusちゃん

久しぶり。元気にしてる?
さて、今回の件、忙しくてUPする時間なかったんだけど、なんとLUCE奇跡の生還(!)しました。
先週末になっていきなり行き着けのバールの前に見慣れた姿がと思ったら、本当に彼でした。
本当にバリに連れて行かれたらしいんだけど、その後どうやったかはいろんな人が回りにいたから詳しいことは聞かなかったけど、どうやらquesturaにきちんと申請して要求がとおり、またトスカーナに戻してくれたようです。
それ聞いて、きちんと救われる人も中にはいるんだと知り、ちょっとだけほっとしたよ。
土曜日はみんなにお帰りの歓迎ムードで迎えられて、とても嬉しそうにしてました。10日間ほど苦労した後のみんなの歓迎、きっと嬉しかったはず。

投稿: Aya | 2010/03/19 10:28

こんばんは。

6月のバケーション、結局また同じPienzaのアグリにしました!子連れで行くにはちょっと遠いけど、やっぱり場所がとてもよかったので。酔い止めの薬を大量に持って行きます^^。

アムスからPisaに飛んで、そこから車で移動するのですが、Firenze経由だと渋滞が大変でしょうか?時間帯によるのかしら?前回は、行きはFirenze経由だったのですけど、反対車線が大渋滞だったので、帰りはGrossetto-Livorno経由にしました。高速使わずSienaを通っていくことも検討中ですが、かえって時間かかるかなーなんて思ったり。どうせならSienaかSan Giminganoあたりで一泊してもいいかな、とか・・・いろいろ考えていますが、Ayaさんはいつもどうしてます?

投稿: Cories | 2010/03/22 21:42

今回PISAからいらっしゃるとのこと。
それだったら、FI-PI-LIというSUPERSTRADAがあるのでそれに最初乗りフィレンツェ方向に移動、一番早いのはGINESTRA FIORENTINAで一旦降り、下道を通ってSAN CASCIANOからシエナ方向のFIRENZE-SIENAのSUPERSTRADAで行けば一旦フィレンツェに入らなくても大丈夫です。ただ、下道の一部ちょっとだけ上下がありますが。シエナからは、ペルージャに抜けるSUPERSTRADAがあるので、SINALUNGAかBETTOLEまでそれに乗っていけば比較的に混雑もなく到着するはずです。前回高速で行かれたのだったら丁度高速の出口とBETTOLEは至近距離です。
GOOGLE MAPで有料道路を外して検索したらこの道路が出てくるはずです。
実際に表示で出てくる時間よりは結構早めに着くことが多いですし、ほとんどの道路は準高速なので90KMが制限速度ですが、それより若干プラスくらいで運転する車がほとんどなので。

私たちが住んでいるのはGINESTRA FIORENTINAから5分くらいの場所なのですが、大体1時間半くらいでいつも到着します。空港までは40分くらいなので、休憩とか入れて2時間半くらいでしょうか?

投稿: Aya | 2010/03/23 08:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々の富士山 | トップページ | 新緑の季節 »