« 素敵なワインボトル | トップページ | 量より質?質より量&価格? »

2009/09/23

10年の軌跡

Photo_2 

(熟し始めた我が家のラズベリー)

1999年の9月22日。私はフィレンツェに辿り着きました。

そして昨日で丁度10年経過。時間が経つのは長いような短いような。。

というのが今の正直な気持ち。

イタリア留学を決め、8年間勤めた航空会社の退社を決意したのは、渡航する3ヶ月前のこと。母の取り巻きのお友達たちがお母さんのことは自分たちに任せて、イタリアに行ってらっしゃいと背中を押してくれたのがきっかけでした。

一度は父の死を契機に完全に諦めていたイタリア留学でしたが、仕事も一通りやれることはやって未練もなかったし、次のステップに進みたい気持ちが一気にこみ上げてきて決断に至ったのでした。

最初の9ヶ月は語学に集中。元々語学習得は向いているらしく、思ったよりも早く普通の会話は出来るようになり、後は自分自身で語彙力をつけるだけというところに至ったところで学業は終了することに。

途中充電期間も設けて、近隣諸国に旅に出たりしながらのある意味空白の時間に生まれて初めて自分としっかりと向き合った気がします。

日本で仕事していた頃も落ち着かない性格で、いろんなことを勉強したりしながら過ごしてはいましたが、自分のアイデンティティは完全に出来上がってなかったし、いろんなことを考えているつもりでも実はいろんなしがらみがあったり、いろんなことに縛られた発想の中から生まれたある種限定的な自分の姿だったのに、日本から出て初めて気がつきました。

学業を終え、仕事の世界に入り、いろいろと鍛えられたり、イタリア人の中に混ざって対等な立場で自分の地位を確立するのはいかに骨が折れることかも分かったし、仕事が出来れば出来たで嫉妬して足を引っ張る人たちが予想以上に多かったりでまさしくいばらの道って感じでしたけど、それでもこの経験がなかったら今の自分はなかったでしょう。

それに加え、滞在許可証取得でもタイミングが悪くいろいろと泣かされることの連続でしたが、一筋縄ではいかないことが多すぎる生活の中で、いい意味で諦めることを学びました。

その代わり常に最善を尽くし、出来る限りのことはやる、そうすれば、結果がどうであろうとそれはそういう成り行きであって仕方ないと思えるようになってからはイタリア生活でのストレスが激減した気がします。

本当にいろんなことがあって、自分の中では激動の10年間でしたが、この10年を振り返ってみて、いろんな最悪の事態にも直面しながらも、自分で解決すべく、結果としては良い方向へと自分の人生を導くことが出来たほうだと思います。

学業、就職、退職、さらにビジネスイタリア語の強化、そして独学でチーズの猛勉強を始めて、今の主人が勤めていた会社の輸出部門の立ち上げを一人でおこない、途中国外退去命令をもらい、結婚に至り、なんとか1年かけて形にしたものの会社側との交渉でかなり無謀な条件をつきつけらえ、迷った挙句、インポーターのお客さんのサポートも受け、先立つものがほとんどない状況での起業に至り、ひたすら仕事の日々でした。

仕事のパートナーも最初は来るもの拒まずでいろんなことに挑戦しながらやってきましたが、ある日、長年商社勤めの経験もある尊敬してやまない方にいろいろと相談したところ、選んで仕事すればいいんだよ、引き際も大事だと言われ、なんだか肩の荷が下りたのですが、それから徐々に自分が思うような仕事のスタイルが出来て来た気がします。気持ちにも余裕が出てきて、生活を楽しめるようになったのもその頃でした。

きっと最初の予定どおりに1年で日本に戻っていたとしたら、確かに遅かれ早かれ希望の職種には出会えてた気はしますが、きっと今みたいに、自分でしっかりとポリシーを持ちながら、目標に少しずつ近づけるように日々努力するような生き方は出来なかったような気がするのでした。おまけに起業しようなんてまず頭をよぎることはなかったでしょうし。

私の場合、この国だったからこそ自分のできること、存在価値を見出せた気がします。

人間は所詮孤独なものであることも身に染みて分かるようになりましたが、それだけに自分でどのような生き方を選ぶかがどれだけ大切なことなのか、実感するようになったイタリア生活。

本当の意味で自立することって難しいことだと思いますが、この10年のいろんな経験を通じて、少しは自立して自分らしい生き方が出来るようになったかな。

これまでの人生のいろんな素敵な出会いは自分の一番の財産。お金はあんまりないですけど(苦笑)、豊かな気持ちにしてくれる人たちに囲まれて幸せに思います。

イタリア生活丸10年を契機にまた新たな目標に向かって羽ばたける様に、焦らずに自分のペースで頑張れればいいなと思う今日この頃です。

|

« 素敵なワインボトル | トップページ | 量より質?質より量&価格? »

コメント

イタリア生活十周年お疲れ様でした!
現在大活躍のAyaちゃんもいろいろ苦労時代はあったのね。でも、だからこそ今の頑張っているAyaちゃんがいるんだろうね。下積みの経験があるから、今のお仕事を一つ一つ丁寧に扱い、またそのAyaちゃんの姿を見て周りの方達も協力を惜しまないんだと思います。

とっても偶然ですが、私がもともとイタリアへの留学を予定していたのは9月22日。失業保険受け取りの最終日が10月になっちゃったから、延期になっちゃったのだ。

投稿: Riccia | 2009/09/23 14:30

Ricciaちゃん

メッセージ有難う。まだまだ全然大活躍には程遠く、やっと形になってきた感じだけどさ(苦笑)、現在進行形でちょっとずつは前に進んでいる感じ。
でも海外で生活する人にはみんな多かれ少なかれ困難はつきものだけど、大きな幸せとか収穫物を得るためにはそれ相当の犠牲も払わないと手には入らないんだろうなっていうのが私の実感。

逆にセーフラインでやってきてたら、今頃こじんまりとイタリアにいる存在意味を自問しながら滞在してるような気がするわ。

Ricciaちゃんの留学予定日と一緒の日に入ったのね。。
私は学校が始まったのは28日だったけど、その前に繰り上げでフィレンツェ入りしたのが22日だったわけ。

私はtime is moneyと思って失業保険1円も手にせずに来ちゃったんだけど、今思えばもらっときゃよかったぁってちょっと思うわ(爆)

投稿: Aya | 2009/09/23 18:15

Ayaさん、ずいぶんとご無沙汰しております。この4月に鹿児島から宮崎に再び異動となり、戻ってまいりました。代わりに一緒にイタリアを旅した係長が鹿児島の課長職で勤務おります。私たちがAyaさんのコーディネートでイタリアを旅したのはニューヨークのツインタワーがなくなった年でしたね。イタリアの10年、苦労されたんだろうなと思いつつ、こうやって文章にされてみると涙涙です・・・。Ayaさんはすばらしい!!ここに見えない努力は計り知れませんが、しみじみたるものを感じさせていただきました。それに比べて私はお役所の温室にいるせいで、地べたを這い回ってばかり・・・。またつめの垢を飲ませてくださいね。さらなるご活躍をお祈りしてます。いえ、期待してます。

投稿: dohko | 2009/09/24 15:46

「辞めるの不安じゃないの?」と某先輩に聞かれた時、「いいえ全く」ときっぱり答えていた文先輩の横顔だけ何年たっても覚えています。
ところは羽田空港のプロントだったなぁ…。

「いいえ全く」の裏側にはこんなにも先輩の覚悟とやる気があったのだと今日初めて分かりました。
起業を志すうちの主人にも読ませたい( ..)φ

先輩の大活躍を嬉しく思っています!

投稿: えりぐ | 2009/09/24 16:33

dohkoさん

お久しぶりです。コメント有難うございます。
そして宮崎に戻られたのですね!
ほんと10年を振り返って、本当にいろんなことがあり過ぎて、とっても長い時間が経過したような気もするし、あっという間の10年間だった気もするしで、不思議な感覚です。
dohokoさんとの出会いもそうですけど、ふとしたきっかけにいろんな素敵な人たちと出会うことが出来て、きっとご縁があったんだろうなって思う人が回りに残ってくれること有難いことだなって思います。
ほとんどコーディネートの仕事なんて食品関係のお客さん以外のものはほとんど引き受けないのに、偶然引き受けたご案内でしたものね。
私の場合、どうも平淡な道を歩くのが苦手なようで(笑)、気がつくとわざわざいばら道に入り込んで、なんとかあがきながら終着点に向かうタイプみたいです。
今の仕事のやりかた見てても、普通の人だったら、もっと楽して儲かる仕事も引き受ければ??って思われそうですけど、自分が納得して仕事できることしかやらないと気が済まないものだから、なかなかお財布が潤わないみたいですけど、まあお金がなくても楽しく充実した環境が整っているので、まだ今のところは頑張れそうですわ。最近はダンナもやりたいようにやれば??って感じで干渉しなくなりました(笑)
介護者が必要になる頃にはちょっとはまともな生活ができるように、ぼちぼちやっていきたいと思います。

投稿: Aya | 2009/09/24 16:58

えりぐちゃん

わざわざコメントありがとねっ。私もいつも読み逃げだけど、”我が娘”の成長ぶり、嬉しく拝見しております。同じ時期に退職だったもんね。丁度貴女のラストフライトの時に確かにそういう話題になったね。

でもこの10年間で私以上に成長したえりぐちゃんのこと、誇りに思っているよ。貴女も海外生活が長かったり、御主人の留学中に子育て格闘したりで、本当にいろいろと苦労が多かったことだと思うわ。

お互いに前向きな姿勢で一歩ずつ前に進めるといいねっ。3人のママで目が回りそうな毎日だろうけど、生き生きとおおらかに楽しみながら子育てしている娘に負けないように私も頑張るわっ。

そのうち家族でイタリアにも遊びに来てね!

投稿: Aya | 2009/09/24 17:05

Ayaさん、10周年おめでとう~&お疲れさま!
10年前に、一大決心してイタリアに来たんだね。
そのあとも、意志の強さでいろいろ乗り越えてきたんだね。
かたや私は自分が来た日なんて全く覚えていないし、
在伊何年なのかも一瞬で答えられないくらいだし、
この時間何してたか、10年の節目にブログに書くことがあるかも疑問。
イタリアだしぃ深いこと考えるとしんどいからって言い訳して、のらりくらりときてしまった!!
Ayaさんと比べると情けない限り。
イタリアと闘っているという点(だけ)は、同志だと思っています!っていうか、思わせて~!

投稿: りこ | 2009/09/24 21:30

りこちゃん

コメント有難うっ。
いやいや、一大決心というよりも、ほとんど衝動的に近かったけど(爆)、勢いがなかったらこんなところに辿り着いてなかったかもねっ。
私がイタリア来たの、2000年の一歩手前だったから覚えやすいのよ。ちょうどジュビエオ前で騒いでたしねぇ。。
でも私も仕事以外のことは大して深く考えてないのよ。考えても不可抗力多すぎるしねぇ、この世の中。
だけど、この仕事してなかったらいろいろと尊敬できるイタリア人とかイタリアで活躍している外国人とかにも巡り会えなかったかもしれないから、それは役得かしら?
まあ、ほとんど無給で仕事した期間も多いからそれくらいトクがないとねっ。

りこちゃんも家族が増えて守るものが増えて、また気持ちのうえで違うんじゃない?
私たちも他人からすりゃ、たかが犬だけどさっ、アンジーの原因不明の重病の時にもかなり堪えたよ。

まあイタリアの国情とか真剣に考えすぎると暗くなるから、明るくなれるところに目を向けて頑張りましょっ。

投稿: Aya | 2009/09/25 10:01

いや~^っ。10年ですか?しかも起業して5年。まだまだ青タンの取れないお年頃で・・。すでに自立とは素晴らしい。
イタリア明日は何があるか?わからないジェットコースターに乗っているような毎日ですが、今後もご精進ください。
頑張るように・・。
隠居所でチャをすすりながら応援しておりますわ。

投稿: ihoko | 2009/09/25 16:20

ihokoさん

ぐふふ、そうなんです、10年無事かどうかは分かりませんが、気づいたら経過してしまいました。

ここまで来たらイタリアというよりも自分の世界に篭っている感もありますけど(苦笑)、せっせと内職に励みますわ。
来週はクリティカルウィークで、ラベルの印刷も遅れている中発送予定通りに出来るのか。。。イギリスとベルギーからまとまったオーダーが入っているので、この分じゃあ徹夜だな、きっと。

投稿: Aya | 2009/09/25 16:40

明日で仕事が終るので(次は10月上旬に2つ)手伝いに行こうかぁ?まけといて一時間50ユーロくらいで・・。

投稿: ihoko | 2009/09/25 16:53

Ayaさん、えらいなぁ・・・。
私もいつイタリアに来たかも覚えてないし、今となっては存在意義も???って感じで、ノラリクラリ年だけとってしまった感じだわ~!
でも10周年は一区切りだよね。
次の10年で更なる飛躍を!
パレルモから応援してますね!

投稿: kinuko | 2009/09/25 19:08

ihokoどの
い、一時間に50ユーロとはさ、さすがモモっきぃのママですね(爆)
あと50年くらいしないと払えない自給だなぁ。。。

投稿: Aya | 2009/09/25 20:25

Kiunukoさん

こんにちは。今朝ブログを覗き見してカルーバとオリーブ拝見したところでしたわ。

私の場合、いろいろと限られた状況が重なっての留学だったんでなんだかいろいろとよく覚えてるのでした。
ただ単に記憶力がいいだけかもしれませんけど(苦笑)

だけど、本当に10年は一つの区切り。体力も最初の10年とは行かない分、別の部分を鍛えながら、マイペースでぼちぼちやるかって感じです。
なんせ不況なのですっごく覚悟してたんですけど、おかげさまでEU参入が拍子抜けするくらい順調に進んでいて、思ったよりも骨の折れる仕事にならずに済みそうで、あと2、3年が踏ん張りどこかしら??って希望的予測してますわ。

パレルモにもしばらくいけそうにないですけど、トスカーナに来る時に必ず寄ってくださいねっ。
梅の花ランチとは行きませんが(笑)、何か美味しいものでも食べましょうねっ。ワインは腐るほどごぜーますので、大船に乗ったつもりでくてくださいませ。

投稿: Aya | 2009/09/25 20:31

ayaさん、こんにちは。
初コメです。つぅーかコメントせずにはいられませーん。
ブログみて、号泣してました(苦笑)
ayaさんの凛としたオーラは、この10年の歩みがあってこそだなんだと納得です!!
またお会いして、色々お話したいです~!

投稿: yuko | 2009/09/28 04:12

祝・10周年!
今、涙出そうになっちゃった。。。
イタリアに行ったばかりのAYAちゃんのところに遊びに行かせてもらって
今、思うと「迷惑だっただろうなーbearing」って…
でも、それを嫌な顔ひとつせず温かく迎え入れてくれたAYAちゃんに感謝、感謝です。
そのほかの場面でも、いつもAYAちゃんのアクティブで前向きな姿は
私にとって学ぶところばかりです。
本当にありがと☆
今の私はまだまだ自己確立が出来ておらずグラグラですがsweat01
私もどんどん前に進んでいくつもりマンマンです♪
まだまだAYAちゃんに出来ることは山ほどあると信じてます。
これからも明るく楽しく朗らかに歩いていってねっ。
日本からいつも応援してますからclover

投稿: Key | 2009/09/28 08:45

yukoさん

コメント残してくれて有難う。
10年経って、やっとなんとなく自分の思い描くものがようやく形になってきた今日この頃。(遅いってねぇ。。)

でもいろいろと苦労や失敗も多かったけど、全てが自分の糧になってくれてる気がするわ。

またそのうちゆっくりイタリアに来ることがあったら髪の毛切りだてら遊びにきてねっ。

投稿: Aya | 2009/09/28 09:11

Keyちゃん
早いもので10年経っちゃったよ。
留学したての時にkeyちゃんが遊びに来てくれて、とってもほっとしたんだよ。どこかでまだ緊張が取れない時期だったし、言葉もままならなかったから、迷惑だなんてとんでもない、こちらこそ有難う言わなくっちゃ!

日本に滞在しながら自分の方向性をきちんと見出すのって本当に難しいよね。でも時々足踏みしながらいろんなこと考えるのも大事。きっとkeyちゃんもいつも前向きで頑張り続ける人だから大丈夫。
私こそ応援してるからねっ。
また落ち着いたらゆっくりメイルするね!!

投稿: Aya | 2009/09/28 09:15

ayaさん、お久しぶりです!
chiyokaさんとアンジーにくっついて、イタリアへ遊びに行った松尾です~~。本当にご無沙汰してます。

渡伊10年!おめでとうございます。
ayaさんのエレガントなお姿&意志の強いまなざし、そしてご主人との相思相愛な空気感、イタリアの強い日差しとともにとても印象深く覚えています。
ayaさんの、リスクをとれる強さ、本当にすごいなあと尊敬してます。これからもしなやかに力強く、羽ばたいてくださいませ!

chiyokaさんのメアド、見あたらなくなってしまいました。ごめんなさい、お暇なときにでも、直メールにて教えてくださいますでしょうか。

私の方は相変わらずですが、ぼちぼち趣味の世界も広げてみたり、子をひとり産んで育てたりしています。
またお会いできる日を、楽しみにしておりま~す。
どうぞお元気で!ご主人にもよろしくお伝えくださいませ。

投稿: kikue | 2009/10/07 03:31

kikuちゃん

お久しぶり~。元気ですか?

ほんと早いもので10年経過してしまいました。
海外に長くいると、芯が強くないと流されてしまうので、その分しっかりとやろうと思うと鍛えられるみたいです。だけど、きっとここだからいろんなことに挑戦しようという気持ちになったんだと思うのよ。
もう失うものもないような状況に一度陥れば怖いものなしです(爆)

お子様出産したのは母伝に聞いてました。お仕事はまだしてるのかしら?
またゆっくりメイルしますね!

投稿: Aya | 2009/10/07 09:27

私もあと2年で10年になるけど、これを読んでAyaさんみたいな感慨がもてるかは不安だわ。家庭という意味では充実してるけど、自分自身の仕事なり何かが達成できてない、というよりも打ち込める何かもはっきり分からない?これは11年目(この頃には次男も幼稚園だし)からの課題かな。
ますますのAyaさんの活躍を楽しみにしてますよん♪

投稿: くみこ | 2009/10/28 13:59

くみこさん

お久しぶり。二児の子育て頑張ってるね。仕事が多忙すぎて、最近ブログ巡りもほとんどできずでごめんなさいね。
くみこさんもあと2年で10年になるのね。
でもきっと人生って人それぞれだし、何に重きを置くかもそれぞれの環境で変わってくるものだしね。
私の場合子供もいないから、その分時間的には余裕もあるし、自分がやりたいことにフルで時間を割ける環境だから、目標に向かって進むことも出来るけど、子育てしながらだと、仕事とかにはどうしてもしわ寄せも来るよね。
だけど、どんな時にでもきっと大事なのは自分を見失わない心のゆとりを持って、前に進むことだと思う。
私もいろんなとりまきの状況で自分の意思どおりには出来ない時期があったり、他に優先して対処せざるを得ない状況の時もあったけど、だからといって直面していることから逃げては先に進めないから、バランスも大事だしね。
それぞれのおかれた状況の中で最善を尽くしながらやっていければそれでいいかって最近は開き直っているのよ。スーパーウーマンじゃないから、あれもこれもって訳には行かないけど、いろんなところにアンテナを張り巡らしておけば、意外と回りからチャンスが舞い込んでくるもんだと信じて、そのチャンスを逃さないようにやってるだけ、それだけだよ。
くみこさんもしばらくは子育てに専念しながらだろうけど、自分らしいライフスタイルが出来るのを祈ってるよ。

投稿: Aya | 2009/10/29 10:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素敵なワインボトル | トップページ | 量より質?質より量&価格? »