« シチリアでの週末 | トップページ | フィレンツェモザイクの銀座個展のお知らせ »

2008/12/08

久々のフィレンツェ散策

Duomo 連休だったイタリア、日曜日にはミラノから親友のKUMIが遊びに来てくれました。

ずっと悪天候の続いていたトスカーナですが、今週末は嘘のように恵まれたお天気を授かり、久々に2人が出会った町、フィレンツェで合流することに。

サンタマリアノヴェッラ駅で待ち合わせ、ランチの前にアルノ川沿いを散策。

ここのところの雨続きでいつもになく泥色に染まったアルノ川でしたが、中心地からちょっと外れた橋の上からぼーっとフィレンツェを眺めながら、おしゃべりに花が咲き、あっという間にランチの時間。

彼女と出会ったのは7年前の秋。勉強のやり直しと思ってたまたま受講したビジネスイタリア語のコースで一緒になり、短い期間だったのにめちゃくちゃ気が合って授業の後ももう一人のスイス人の親友と3人でいつもサンタクローチェ教会の前に座り込んでいろんなお話をして過ごしたものです。

考えてみてば、一緒に過ごした時間は本当に少ないのに、昔から知ってたような錯覚を覚える位お互い理解し合える仲で、本当に年に1回会えるか会えないかという状況で、7年経ってお互い仕事を持ち、結婚し、いろんなとりまきの状況が変わっても、昨日まで一緒にいたような印象を持てる友人に恵まれていること、有難いことだなって思いました。

お互いに壁にぶち当たりながら前に進みながらも、自分だけの思い通りにはいかない状況も増えてきて、お互いにストレスを溜めることがあるのも実際に状況ですが、それでもこうやって久々に再会してお話したことで、心の中の霧が晴れて、お互いよい充電の時間が出来た気がします。

フィレンツェは凄い人だかりでしたが、敢えて人通りの少ない裏路地を目的もなくぷらぷら歩きながらお話しているとなんだか一緒に過ごした時間がフラッシュバックしてきて、とても懐かしい思いがしました。

2人にとってのイタリア生活のスタート地点での再会。

きっとこれから更に自分たちの道をそれぞれ進んでいくのにちょっとだけ勇気と希望をもらった素敵な時間でした。

Kumi、離れていてもいつも近い存在でいてくれて有難うねっ。

|

« シチリアでの週末 | トップページ | フィレンツェモザイクの銀座個展のお知らせ »

コメント

気の置けない友人と過ごすのって本当に、肩の重みや疲れが取れる感じですよね。で・・本当に気の合う人って、無理に何かをしなくても良いし、変な気取りもいらないし、連絡を頻繁に取り合う必要もなく、離れていても何ら問題なく、書かれておられるように、昨日まで一緒にいたという感じ・・。
こういう人と会えるかどうか?も、運というか、ご縁の問題もありますが、自分が本当に欲しいものを知っていると、めたまぁ~~にしかチャンスは無くとも、ちゃんと、逢えるようになっているというか、お互い引き合うようになっているというか・・。そういうのって、例え数は少なくとも、大切にしたいですよね。
私も、数は本当に本当に少ないのですが、友人は全て10年以上選手でして・・。友情というのは、水をやりすぎないよう、かと言って、枯らさないように育てるものだそうですが、本当にそんな気がします。
良い連休になってよかったですね。

投稿: ihoko | 2008/12/09 08:18

ihokoさん

自分のあるがままの姿で自然体でいられる友人との時間ってとっても貴重です。
ほんとおかげさまで素敵な週末になりました。
私も友人は少なくてもいいから深く付き合いたいほうなので、なかなかご縁が見つからないほうですけど(苦笑)その分、素敵な友人たちに恵まれて幸せなほうだと思いますわ。

投稿: Aya | 2008/12/09 13:42

この学校って、サンタクローチェの前にある学校???
私の最初のイタリア語学校は、サンタクローチェ前の学校で、アパートもサンタクローチェとほとんど隣接しているような感じだったの。私にとってもサンタクローチェは思い出の場所なのだ。

久しぶりの親友との再会、楽しかったでしょうね。久しぶりに会っても、一瞬にして距離が縮まって、いくら話しても話したりなかったのでは?

投稿: Riccia | 2008/12/09 14:47

あや、こちらこそ素敵な時間を本当にどうもありがとう。

2人のイタリア生活の出発地点、フィレンツエ。
あの頃と何も変わらない街並みの中で久しぶりにゆっくり会えて、心にろうそくがともったようなあったかい気持ちになれました。
橋の上からアルノ川の流れを眺めてると
ほんと、なんだか昨日まであの教室で一緒に座ってたみたいだったね。

あや、いつも助けてくれてありがとう。
今回も一杯一杯プラスのパワーをもらえました。
取り留めもない事をあやと話してるだけで、
雨がやんで虹がでてきたように、
ぱーっと明るく晴れ晴れした気分になるから不思議。
本当のお友達って、何をするのかは関係なく、
横に居てくれるだけでいいんだって事を実感しました。

心から信頼できて、尊敬できて、勇気と元気をもらえて、
そして2人で大笑いできる私達の友情にほんと感謝の気持ちで一杯です。もうコレはMIRACOLOだねッ☆

これからもヨロシク!
今回の弾丸日帰りフィレンツエで味をしめたので
また行くよ~!!待っててね、あや。

投稿: Kumi | 2008/12/09 14:51

Ricciaちゃん

そうだよ、同じ学校だわ;)
でも私は余りにもビジネスレターがお粗末だったので(爆)、ビジネスコースだけ短期でやったんだけどねっ。
ほんと、7時間くらいの時間があったんだけど、気がつけばすっかり時間が過ぎてしまってたくらい。
また懲りずに来てくれそうだからさっ、今から次回が待ち遠しいわ~。

投稿: Aya | 2008/12/10 09:04

KUMI

久々に会えて本当に良かった~。
お互い様だから、テンパりそうになったらいつでも出て来るんだよ~。
人の字って支えあって出来てるじゃない?助けられるのは一方通行ではないからね!

あのあと、kumiが何気なく訊いた自分たちのお店の話とかでアントニオと盛り上がったのよ。

でも、ほんと、貴重な友情がこうやって続けられる相手がイタリアにいてくれているってだけで、私には心の拠所なのよ。こっちこそあんがとね。

またゆっくりメイルするわ~。


投稿: Aya | 2008/12/10 09:10

素敵な友情に恵まれるというのは人生の宝を見つけたも同じことで、とても幸せなことよね。
いつでもすぐに会える距離ではなくても気持ちは十分伝わるものだしね。
お互い環境や状況が違っても、関係を存続していけるかどうかはお互い次第だもの。おふたりの素敵な友情があるのはお互いにおもい会う気持ちがあるからなのよね。

投稿: きっこ | 2008/12/12 15:18

きっこちゃん

ほんと友情は人生の宝だよね。
お金では決して買えないものだから、その人の資質で得られる友情って変わってくると思うんだ。

でも本当の友人って離れていてもまめに連絡取らなくても距離や時間を感じることなくいろいろと共有できるものなんだよね。

お互いを尊重する気持ちも大事だけど、相手が自分と同じペースで人間的に成長してくれているのも大事。

数は少なくてもこういう友人たちに恵まれて幸せです。

投稿: Aya | 2008/12/14 12:00

海外で気の会う人と出会えたらうれしいですよねぇ♪
お互いに海外で支えあうってのすごい大事だと思うなぁ。
あたしは残念ながらローマで通った学校では日本人もいなかったし、あんまり友達とい友達が出来なかったのでございます。
なぜなら、それは言葉が誰とも通じないってのもあったし(笑)あぁ~あの頃は寂しかった。なんどフォロロマーノを涙を浮かべながら眺めた事か(笑)
今となってはいい経験でしたけどねぇ♪

投稿: gellius | 2008/12/15 17:56

人との出会いって不思議ですよね。
どんなに探しても転がっているものではないし、ある日突然ほろっと降ってくることが多い。
イタリアに住んで思うのは、縁がある人とは、一緒に過ごした時間がどんなに短くても、離れていても、ずっとどこかでつながっていけるんだなってこと。
同じ周波数を発しているのかなぁ。

そんな人が同じ国にいるなんて、心強いね、Ayaさん。

遠くても心の支えになってくれる友人たちに感謝です*


投稿: nao | 2008/12/16 02:04

gelliusちゃん

ほんと、海外在住という限られた人間の中から心から尊敬できてなおかつ信頼できる相手に巡り会うのって本当に奇跡に近いような気がするんだけど、たま~にそういう出会いが転がっているから、それを逃さないように感性を磨いておくのは必要だと最近は思ってるわ。
でも海外で暮らしていると所詮孤独だから距離はあっても同じ国にこの人がいると思えるだけで凄く支えになってくれるよね。
そっか、gelliちゃんの学校は日本人少なかったのね・・私は最初の数ヶ月通ったフィレンツェの語学学校は日本人まみれでした。でも気の合う人は見つからなかったのよ。特に女の子は難しい。。。

投稿: Aya | 2008/12/16 08:56

naoさん

同感だわ~。
ほんとほんと、探していても絶対見つかるものでもないし、探してもいないのに向こうから降ってくることもたま~にある。naoさんとの出会いもそうだしさっ。
そして縁がある人って一緒に過ごした時間の長さでもなければ、距離でもなし。きっと何か引き合わせるものってあるんだろうねっ。

ほんと友情は私の宝物。いつまでも大事にしようと思うわ。

投稿: Aya | 2008/12/16 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シチリアでの週末 | トップページ | フィレンツェモザイクの銀座個展のお知らせ »