« またまた失言のこの人 | トップページ | 新オイルの楽しみ方 »

2008/11/13

新オイルの季節になりました

Oliveparri 10月下旬から徐々にオリーブを収穫している様子を目にすることが増えてきたトスカーナの丘陵地ですが、今年は去年の不作とは打って変わり、大豊作のようで、たわわと実をつけたオリーブの木を至る所で目にすることが出来ます。

先日我が家の御用達オリーブオイルを作っているFattorie Parriへお邪魔してきました。

トスカーナでのオリーブの収穫は全て手摘み。すごい人数の人たちが次から次へと摘み取ったばかりのオリーブを搾油所に持ち込んできていました。

Lavaggio まず最初に手作業で枝や葉っぱを大雑把に振り分けた後、こちらの機械を通し、何度も泥や余分な小枝や葉を取り除きながら洗浄します。

特にこの時期は雨が多いため、どうしても収穫の行程で泥が混ざってしまうことがあるので、入念に洗浄する必要があります。

オリーブは酸化がとても早い果実なので、収穫から仕込みまでの時間を極力短くし、風通しのよい箱で絞るまでの間は保管するようにすることで、良質のオリーブオイルを作る環境を整えます。

Olive_2 早摘みのオリーブの色はとても鮮やかで美しい。敢えて手摘みすることで、トスカーナ特有の美しい緑色のぴり辛のオリーブオイルに仕上げることができます。

オリーブは次の工程で細かく砕いて潰され、その後水分と固形部分が混ぜ合わさるようにペースト状に練られます。

この作業、オリーブオイルの品質を左右するので入念なケアが必要です。

出来るだけ低温で作業を進めることでオリーブオイルの品質を維持することができますが、その反面温度が低ければ低いほどオリーブオイルが取れる量が減少するので、それぞれの作り手がそれぞれのニーズに合わせて仕込む訳ですが、Fattorie Parriでは超低温で仕込んでいるので、風味を維持したままオリーブオイルを絞ることが出来ます。

Olionovo オリーブペーストは圧搾され、液体の部分をまず分離させ、その後、遠心分離の仕組みを使い、重量の違う水分と油分を分離します。

そうやってできたのがこちらのオリーブオイル。

なんともいえないエメラルドグリーンをしています。

絞りたてのオイルを飲ませてもらいましたが、これまでで飲んだ絞りたてのオイルの中では一番美味しかったかも。

通常どうしても低温で処理するとはいえ、オイルは若干の熱を持っていることが多いのですが、こちらでは絞りたてとは思えないくらい低温で、そのまま使っても味が安定しているような感じでした。

現在既にトスカーナIGPのラベルを貼るために、検査サンプルを保護組合に提出済み。そんな訳で、もうまもなく一般消費者の手元に美味しい新オイルが届きそうです。

Insalata_di_rucola

さて、試飲用にちょっとだけ頂いたオリーブオイルをお裾分けして、私が頂いたのは隣町の新鮮な無農薬のお野菜たち。

野生のルッコラとトマトに胡桃とパルミジャーノを混ぜて、新オイルとバルサミコで頂きましたが、やっぱりお野菜の味が濃い。

こうやって農家の人たちが作るお野菜が手に入るのって本当に有難いことだなって思います。

そして以前から欲しいとおねだりしていてもらったのは蕪の葉。

Img_6333

浅漬けにして、白ゴマとお醤油で和えてみましたが、やっぱりお漬物ってシンプルに美味しい。

我が家では白ご飯をほとんど食べないのですけど、この日ばかりは白ご飯が恋しくなり、アツアツのご飯と蕪のお漬物を満喫しました。

ihokoさん、どうもご馳走様でした!

|

« またまた失言のこの人 | トップページ | 新オイルの楽しみ方 »

コメント

蕪のお漬物おいしそーーーー☆
あたくすもね、フィレンツェ生活をしていたときは市場でよく蕪を買いましたぞよ♪
しがない町では売ってないので、あぁ懐かしや。
今年はオリーブは豊作だったのねぇ。トスカーナはおいしいオイルが沢山あるものねぇ♪

投稿: gellius | 2008/11/13 18:13

確かに美味しかったですね。このオリーブオイル。
が、高そうなんだよな。
あっ・・いい事考えた。10リットルくらいAya家が買ったものを、出世払いでという事で・・ぬはは・・
カーボロネーロ食べました?あれも味が濃いですから、なかなか濃厚なスープになりますよね。

投稿: ihoko | 2008/11/13 18:40

gelliusちゃん

蕪美味しいよねぇ。根っこのほうはそう簡単には手に入らないものね。そのうちihokoさんに頼んでおけばしこたま送られてくるかもよ~ん。

オリーブ今年は例年を上回る豊作らしいよ。
おまけに品質もここのはとっても良かったわ。
トスカーナのオイルが恋しい時には言っておくれ~。

投稿: Aya | 2008/11/13 20:00

ihokoさん

そう、ここのオイルは毎年美味しいのでやんす。
引っ越してきたからは浮気せずに彼らのオイル使ってますわ。(シチリアのものと使い分けですけどっ。)
高いと思うでしょ?でもこれが意外と良心的な値段で売られている訳っすよ。
オリーブオイルおたくの私、ここらへん一帯のオリーブオイルをあさりまくり、数社本当に美味しいのがあったんですけど、その中でも価格と品質のバランスが飛び切り良かったのがこれですわ。
欲しい時にはお知らせくださいませ。
来週恐らく買いに行くので、よかったら一緒に買ってきますわよ。

カーヴォロネーロも美味しかったですよ。リッボリータにしたんですが、最後の最後になってパンがないのに気づき、パンなしのミネストローネになりましたけど、味が濃厚で嬉しい味わいでした。


投稿: Aya | 2008/11/13 20:04

えっつ?で・・いかほどかしら?、メールで教えてね。
あっ・・・その場合は、例のサルデーニャのフレーゴラを入れてね。これまた美味しいよ。

Gelliちゃんもフィレンツェにいると良かったのにね。
私、なんていったってGelliちゃんが羨ましいのよ。旦那様、シェフでしょう?私はシェフが好きなんだけども、どうもご縁がなくて・・本当に昔から、ご縁がなくて、未だに憧れる学生服と同じでシェフという言葉に妙に弱い。弱点!なのよ・・。お近くにお住まいだったら、ご飯作ってもらうのに・・惜しいわぁ・・(利害関係)

投稿: ihoko | 2008/11/13 20:26

ihoko嬢

そっか、その手があったか。。。失敗したわぁ。
結局ミニパスタを入れちまった私でした。
次回はやってみます!

ほんとgelliちゃんご近所さんだったら楽しいよねぇ。
そして御主人の手料理食べに詰め掛けるのに残念だぁ。この前出たガンベロロッソのガイドブックでhanno parlato benissimoでしたよん。
御主人にしてみりゃ、フィレンツェにいなくってmeno male って感じかも(爆)
私たち、マジで押しかけそうですものねぇ。。

投稿: Aya | 2008/11/14 09:39

いいな、いいな、トスカーナ組!蕪の葉だなんて、なんだか皆さん体にいい生活されてますねぇ。ほんと、もう少し近ければ私たちも乱入するのに!

このオリーブオイルの色、なんだか作りものなくらいきれいね。以前、ちょうどこの時期にGreve in chiantiにいって、出来立てオリーブオイルを買ったことがあるのよね。ほんと、おいしかった!そして、今年は豊作ということは、あれよりももっとおいしいんだろうなぁ...

投稿: Riccia | 2008/11/14 16:36

Ricciaちゃん

いーでしょ、ぐふふ。
ほんとご近所さんだったら良かったのになぁ。
そしてアンジーは御主人のところに世話になりっぱなしだろうし(爆)

オーリオノーヴォ、色も濃厚で綺麗でヴェルタートで大好き。今年は数社既に味見したけど、どこも不作かつ品質の悪かった去年からすると格段上だよ。
トスカーナはこうやってすぐに売るのが特徴だけど、風味の劣化が早い作り手も多いから要注意なのよ。長持ちするのはノンフィルターだけど、販売前に休ませてからボトリングするシチリア産とかだったりするから、うちはいろいろと使い分けしてますわ。

投稿: Aya | 2008/11/15 10:36

搾りたてのオリーブオイル、味がみてみたい~~。
今度遊びに来るとき、持ってきてhappy01
蕪ならたんまり漬けときまっせ。

それにしてもきれいなグリーンねえ。

投稿: あん | 2008/11/16 18:16

あんちゃん

絞りたてのオイル、olio novoっていうんだけど、本当に風味がよくって濃厚な感じなのよ。フィルタリングしないでそのままだからねっ。
でも、本当に綺麗な緑色なのよ。自然の色って表現しがたい美しさで凄いなっていつも思うわ。
蕪、食べたいわぁ。イタリアでは滅多に手に入らないの。大根とかも土曜日の朝市で買えるのを待ってるのよ。あとカボチャも普通のスーパーだとひょろ長い水っぽいやつがほとんどだからクリカボチャみたいなのは朝市待ちなの。

投稿: Aya | 2008/11/17 08:55

新作?(商品群には載っていないようですが・・)ビスコッティ美味しかったです。
これは、イタリアでも売れるんじゃないでしょうか?
材料費は採算に入れてない感じの贅沢な感じですが、
それならそれでターゲット絞ればいいわけだし・・。

余り大きな街ではないですが、ルッカって結構、美味しいチョコレートとかビスコッティの専門があるようで、バールとかも結構洗練されてるんじゃないかな?という感じのところも多いようですが・・

後は、やっぱりミラノかな?マンゾーニとかブレラあたりのバールやお店ならすごく売れそう。(あそこにいる人たち値段全く関係ないし・・)

投稿: ihoko | 2008/11/17 17:07

ihokoさん

ビスコッティ、気に入ってもらったようでよかったですわ。まだ試作も試作の段階なのですけど、甘すぎるお菓子が嫌いな私なので、妙にダークですみません(爆)
ルッカ、確かにチョコレートやさん多いですよね。
結構好きで定期的に足を運ぶことがあります。
素敵なドロゲリアに一度パッケージ商品置いたのですけど、やっぱり難しいみたいです。かといってお菓子やさんになるとほとんど自分のところのお菓子を持ってるしで思うようにいきません。
自分で工房を構えるのが一番いいのでしょうけどね。

投稿: Aya | 2008/11/18 12:47

今日ね。新鮮で本当においしそうなセロリを貰ったので、ボッタルガと一緒に食べようと思っているんですが、オリーブオイルの味比べここでもしてみようかな・・と思ってます。ボッタルガ事態に癖があるので、もしかしたら喧嘩してしまうかも・・とは思うのですが、すごく楽しみ。後ね。久しぶりに、アルタムーラを焼いたので、これで食べるのが一番味がわかりそうなんだけど・・。何にしても、ありがとうございました。

投稿: ihoko | 2008/11/19 19:43

ihokoさん
ボッタルガ&オリーブオイルのテイスティング、いかがでした?私個人的にはトスカーナもシチリアも甲乙付けがたいというのが実際のところですが、トスカーナは新オイルなだけに優位ではありますよねっ。
シチリアの東岸のモンテイブレイのオリーブオイルはまたちょっぴり上品な感じでシチリアでも美味しいのですよ。

投稿: Aya | 2008/11/19 22:31

良人は、トスカーナの自己主張が苦手らしく、南のプーリアとかシチリアとかサルデーニャ(それぞれ特徴がありますが)地中海のものが元々好きなんですね。
なので・・アントニオに一票。
ふふっ・・。私は、なんだかよくわかんないけど、どっちも美味しい。

そうそう・・友人が、明日から仕事と帰省を兼ねてプーリアに帰るんですが、アルタムーラを頼もうかと思ってるんですね。ただのアルタムーラじゃなくてもっと美味しいのがあるんでって・・。(時間が取れればなんだけど・・)
良かったら一緒に頼みましょうか?

投稿: ihoko | 2008/11/20 07:14

ihokoさん

やっぱり御主人は南のオイル好みでしたね。
とはいえ、シチリアもプーリアもサルデーニャのオリーブオイルはほとんどがインテンスフルーティで風味の強いものですけど、トスカーナの辛味が前面に来るのが余り好みではないのかもしれませんね。
香り自体は品種にもよりますけど、どこもerbaやアーティチョークの香りが多いですからね。
私は逆にピッカンテよりも苦味が前面に出るサルデーニャのBosanaなどのオイルは苦手です。
アルタムーラのパン、ほんの少しだけお裾分けしてもらえると嬉しいです。いつも有難うございますです。

投稿: Aya | 2008/11/20 10:46

すごい、圧巻だわね。
そしてこの鮮やかな緑!
いいなぁ~。前にいただいたオイルもとってもおいしかったよ~

投稿: きっこ | 2008/11/28 15:20

きっこちゃん

シチリアに行っていたので、ちょっとコメント見るのが遅くなっちゃったわ。
大雨大丈夫?結構水浸しになってそうで、心配。。。

緑色、本当に綺麗だよね~。
きっこちゃんにお届けしたオイルのところのやつだよっ。
でも去年は不作のうえ、品質が例年よりもいまいちだったんだけど、今年は極上の出来ですわっ。

投稿: Aya | 2008/12/02 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまた失言のこの人 | トップページ | 新オイルの楽しみ方 »