« トトロ村のお裾分け | トップページ | 食の秋 »

2008/09/05

新しいファミリー探してます

9月11日 やっと朗報をお伝えできます!

いろいろと皆様にわんちゃんのことを気遣ってもらったり、里親を探していただいたりしましたが、本日無事に新しいファミリーが見つかりました。

皆様の暖かいご協力本当に有難うございました。

取り急ぎお礼まで。 

Grazie di Cuore! Aya

Canina1 先日、獣医さんに行った時のこと、可哀相なわんちゃんがいるんだという話を小耳に挟んだので、詳しく聞いたところ、心無い飼い主が自分たちの犬と戦わせるのに使っていたという可哀相なわんちゃんが怪我しているのを見つけて保護したとのことで、獣医さんの地階に、穏やかで人懐っこい白いわんちゃんが座り込んでいました。

怪我を負っている部分を外科手術しなくてはならないとのことで、引き取り先を探していたのですけど、ihokoさんちのモモちゃんがいた収容所は12月一杯で立ち退くように勧告が出ていて、既に新しいわんちゃんは引き取れない状況、そしてそのほかの収容所にも聞いたようですが、収容スペースの問題があり、もし引き取り先が見つからないのであれば、安眠させざるを得ない状況だから、誰か知っている人でわんちゃんを引き取ってもらえる人がいたら是非聞いて欲しいとのことで相談がありました。

幸い、その後、トスカーナ、エンポリ郊外にある収容所が引き取り先の家族がすぐに見つからない場合には受け入れてくれることになり、先週緊急で手術を行い、術後の経過も問題ありません。

残念ながら今日現在、まだ引き取り先が見つからず、一旦エンポリ郊外にある収容所に移されることになりましたが、かなり心の傷も負っているので、このわんちゃんの苦しみをきちんと理解して、受け止めてくださる心優しい家族の方が出てきてくれることを祈っています。どなたか、友人、知り合いの方で、わんちゃんを飼える状況にある方がいらっしゃいましたら、どうか声をかけてみてください。

このワンちゃんの詳細は以下のとおりです。

性別:メス
推定年齢:1.5~2歳
サイズ:小さめの大型犬
元の持ち主の住居:カステルフィオレンティーノ
性格:とても温和で、従順な性格。
コンディション:劣悪なコンディションで保護されたのでかなり痩せています。
        飼い主はろくに餌も与えていなかった模様です。
        またロットバイヤーのオスと一緒に放し飼いにしていて
        ロットバイヤーのおもちゃでやりたい放題だったようで
        後部には傷が若干あります。
        ロットバイヤーが無理矢理マウンティングも何度も試みたらしく
        子宮もやられていて、緊急で子宮と卵巣は摘出手術を
        行い、経過は良好とのこと。
        まだ若いので、今はそんなに支障はなさそうですが、
        現在後ろ足を若干ビッコひいて歩く感じだそうです。

Canina2うちのワンコがもうちょっと丈夫で手がかからないのだったら、私たちが引き取りたいくらいなのですが、残念ながら我が家では余裕がないので、どなたかイタリアに在住の方でこの可哀相なわんちゃんを新しい家族に迎えたいと思ってくださる方がいらっしゃったら、是非ご連絡ください。お願い致します。

お問い合わせはこちらのコメント欄、もしくはayasfizio@gmail.comにて承ります。

この可哀相なわんちゃんが暮らせるようになりますよう、どうぞ皆様のお力ください。

よろしくお願いします。

|

« トトロ村のお裾分け | トップページ | 食の秋 »

コメント

戦うようだなんて・・・可哀相に・・・
でも、無事保護されてよかったよかった♪
これで親切な引き取り手さんにも恵まれたらいいんだけど。

投稿: gellius | 2008/09/05 21:35

gelliちゃん

ほんと、すっごく穏やかでおりこうさんなわんちゃんなのに、馬鹿者たちのせいで痛めつけられていて、手術しないと助からない状態で保護されたみたい。
獣医さんたちも手術はボランティアでやるけど、その後引き取ってもらえる当てがないと安眠させるしかないみたいで、なんとか引き取ってもらえるファミリーを探していたところにお邪魔したみたいでさっ。
幸い、すぐにファミリーが見つからなくても収容所に引き取ってもらえることになったからすぐに手術に至ったみたいだけど、一日も早く暖かく迎えてくれる家族が見つかってくれるのを祈るばかりだよ。

投稿: Aya | 2008/09/05 21:54

物凄く意味のないイポーテジなんだけど。。。
もし私がイタリア人で、夫の実家もこの周辺だったら迷わずお世話したいです。
実際は私は日本人で夫はナポリ人、私が実家へ帰省するときには毎回2週間前後はいないし、夫の実家へ帰省するときにも車で片道8時間。そういう問題がなければほんと・・喜んで、と言いたい。大きさもロメオと同じくらいで丁度いいし(小さいワンさんだとロメオが押しつぶしたりするかも?と不安なので)年齢も同じくらいだし。。それこそ2匹の子犬も欲しいし・・でも私たちの状況を考えると無理。ロメオも40キロある大型犬だしね・・本当に残念だけど。
近場でどなたかいるといいよねぇ。郊外なら庭も広いし、多数飼いしている飼い主さんも多いから、犬同士の相性さえ合えばうまくいくかも・・幸運を祈っています

投稿: きっこ | 2008/09/06 09:47

きっこちゃん

気持ちだけでもこうやって引き取りたいと思ってくれる人がいること、嬉しく思うよ。
でも、本当に住んでいる場所が自分の生まれ故郷から遠いとその際の帰省の問題とかも出てくるものね。
うちのいっしょ。機内には1匹しか持ち込めないからそうなると連れて行けなくなるし、ただでさえアンジーの体が弱いから普通の犬の3匹分くらい獣医さんにお金もかかるから、金銭的にも余裕もないし。。
(実はおとといも手術して卵巣摘出したんだ(涙)幸い経過はまずまずだけどさっ)

でもほんと、だれかいい人が見つかるといいな~。
だけど、ロメちゃんとだったら白黒コンビで可愛いねっ。思わず想像しちゃいました。

投稿: Aya | 2008/09/06 11:56

ごきげんよう。本当はインターネットやっている場合じゃないんだけど・・余りにも気になるので・・。
実は昨日船の中で、モンテスペルトリでホテルとレジデンス(HPを見る限りではかなり広大な敷地でVILLA形式のものらしんですけれど・・・)のオーナー夫妻とモモを介して親しく歓談させていただいたんですね。でね。このオーナーさん50代半ばくらいの大男なんだけど、昨日自分の飼い犬を突然の発病で亡くしたって目の前で泣き出してしまって・・。で、その犬も道に迷っているのを拾って8年一緒に暮らしたんですって・・。で、残酷なようだけど、次の犬を飼うのが何よりの治療です。って言ったらその気になってくれて、月の終わりに一緒に収容所に行く事になっているのよ。彼らが探しているのは、大型犬の穏やかな性格の犬(彼らの仕事の都合で、同じ敷地内にお家がある関係上、お客様に何かあってはいけない)と・・言うようなお話をしたばかりだったので、この犬についてもう少し詳しく教えて下さいな。が・・何事も相性だし、うまくいくとは限らないんですけれど・・一つの可能性として・・。
もう一つ、公には受け入れ駄目なんですけれど、アルベルトさんやコゼッタさん(責任者)に直接頼んでみると何か道があるかもしれないし・・。

アンジーちゃん。ともかく無事に手術が終わってよかったです。メールありがとうございました。
詳しくは・・またね。

投稿: ihoko | 2008/09/06 13:54

ihokoさん

こんにちは。
お忙しい中筆を取っていただき有難うございます。

メイルにていくつか情報流させて頂きますね。
今のところ獣医さんのところで預かっているかと思いますが、行き先が見つからない場合には、フチェッキオの近くにあるカニーレが最近設備を綺麗にして環境が良いとのことで、そちらに引き取ってもらえることにはなっているようですので、最悪の場合には、そんなに心配ないようですが、でもそこが最終目的地になるのは悲しいので、このモンテスペルトリのご主人が気に入ってくださると有難いです。

詳細獣医さんに確認できたらメイルいたしますので、よろしくお願いします。
取り急ぎ。

投稿: Aya | 2008/09/06 16:19

胸がしめつけられそうな、最初の文章でした。
自分の犬と戦わせるためだ、とバカ丸出しの考え。
国を問わず、こういう種類の人間がいますね。

テレビで、コロンビア(?)の動物虐待の状況と
そういう目に遭ってしまった動物をボランティアで引き取っている施設を見ました。
とある学校の女性の校長先生だったと思いますが
虐待を受けた動物の映像や、☆になってしまった動物たちの写真を見ながら
号泣してしまいました。
もし、募金とかできるなら…って思ったくらいでした。

しかし、ほんと、穏やかで人懐っこそうなワンちゃんですね!
このあとの、犬生がこのワンちゃんにとって、いいものだといいなぁ。
そして、アンジーちゃん、術後の経過がよくて何よりです。
まだ、安心はできないかもですが、アンジーちゃんも早く元気になるといいですね。

投稿: おさか | 2008/09/06 23:29

おさかさん

こんにちは。イタリア、結構この手の若者たちが多くて、自分たちのピットブルとか、ロットバイヤーとかを獰猛に手なづけたものと戦わせるのに使われるワンチャンが居るのですよね・・
うちの義姉のところのわんちゃんも同様に保護されて収容所にいるものを引き取ったもの。

動物虐待を見るのって本当に辛いものですよね。

このわんちゃんも新しいファミリーのもとで幸せになれるのを祈るばかり。

アンジーの件、有難うございます。
おとといの夜中、一旦様態が悪化したのでやきもきしましたが、幸い、6時間程度で落ち着き、昨日の血液検査も問題なかったのでこのまま快方に向かってくれると思います。

投稿: Aya | 2008/09/07 10:24

この記事をアップされたのが5日だから、もう3日経っているけど、飼い主さんは見つかったのかしら?
うちも家の事情、日本への里帰りなどを考えると、2匹目はなかなか難しいものがあって、ごめんね、引き取ってあげれない...

それより本当にひどい事をする人がいるものだわ。よくね、ダーリンがキリンが盗まれるなんていうのよね。血統書なんてない犬だけど、それでも、猟犬の種犬として、またはこういう決闘をさせる犠牲となる犬として、盗む人がいるみたい。まさか、なんて思っていたけど、本当にあるんだね。
こういう不良の子たちに、罰は下らないの?きっと、この子達の獰猛な犬が人間を襲って初めて、ニュースになったり罰が下ったりするんだろうね...
このワンちゃんが残りの人生を安心して暮らせますように...

アンジーちゃん、その後お体は?元気になってきたかな?

投稿: Riccia | 2008/09/08 13:26

Ricciaちゃん

今日獣医さんのところに行った来たけど、まだ当ては見つからず・・・
でも獣医さんのところも近所からわんちゃんが夜泣いてうるさいとクレームが入ったみたいで、遅くとも明日には予定していた収容所に移されるみたい。
でもね、このわんちゃん、よくよく聞いてみると本当に可哀相でさ、これまでの苦しみとかをきちんと理解して暖かく受け入れてくれる家族でないとかなり大変かもねってihokoさんと話をしたところ。
彼女が知り合った男性は別の犬種を出来れば希望していたらしいので、同時進行で新たに呼びかけしたいと思っているので、Ricciaちゃんも良かったら、ブログにこちらのリンクを載せて呼びかけてもらうことは出来るかしら?

ブログの内容もこれから詳しく更新するので、ご協力頂けると有難いわ。

そうそう、この飼い主ね、よくよく聞いてみたら、ひょっとしたら、少年ではない馬鹿者の人間ぽいよ。
ほんと信じられないよね。
まさしくご主人の仰るとおりで、自分の闘犬のおもちゃにしてたみたいよ。涙が出そうでしょ?

アンジー、おかげさまで、すっかり普通の状態になってきたよ。
まだ食欲があまりないけど、丁度ダイエットになって良かったかも;)

投稿: Aya | 2008/09/08 19:31

ayaさん、ご無沙汰しています。

見るからにやさしそうな、いい子だって写真から伝わってきます。それにしても、いたたまれないような話ばかりで本当につらいです。どうして虐待なんてするんでしょうね。

ihokoさんのブログも読ませていただきました。何もできなくって残念です。獣医さんが臨時でも引き取って、手術してくださったのがせめてもの救い。あとは新しい飼い主さんが見つかるとよいのですが。お祈りしています。

投稿: macorom | 2008/09/09 14:30

macoromさん

こちらこそ、ご無沙汰してます。PCの調子は良くなりましたか?

このワンちゃん、本当に穏やかで従順な感じだったんですけど、そんないい子をこうやって心ない飼い主と闘犬に手なづけた飼い犬が痛めつけてきたのを思うと、本当に可哀相で・・・詳しくは分からないのですけど、飼い主がいない隙に見るに見かねた人間が保護した模様で、うちの獣医さんのところに連れ込んだようです。

幸い尊い命は守ることが出来たのですが、まだ若いわんちゃんですし、これからのこのワンチャンが少しでも安らぎと幸せを感じられる場所で過ごせることを祈るばかりです。

引き取ってくれた収容所は最近綺麗に立て替えたらしく、設備も整っていて、快適にわんちゃんが過ごしやすい環境だと獣医さんが言っていたのでちょっと安心ですけど、それでもこれまでの心の傷はなかなか癒されないと思うので、このわんちゃんのありのままの姿をそのまましっかりと受け入れてくれる懐の広い人の元へと旅立つ日が来るように力に立てるかは分かりませんが、呼びかけをしている次第です。もし心当たりの人がトスカーナ方面にいらっしゃったら、声をかけてもらえると嬉しいです。宜しくお願いします。

投稿: Aya | 2008/09/09 16:28

ihokoさん、Ricciaちゃんのところでも書いたのですが・・その後、彼女は元気ですか?
無理にマウンティングまで・・言葉がないです。
エンポリ周辺には以前知人が居ましたが今は引っ越したので・・残念ながら近くの知人は居ないけどちょっとトスカーナ在住の友人にもあたってみようかと思います。
私の周囲には聞いてみたけど、アパート住まいで無理とか昨年愛犬を亡くしたばかりで・・という回答ばかりでお力になれなく申し訳ない。この子の顔を見るだけで切なくてつらいです。こんな過去もあるし、なおさらオス犬との相性も難しいかもと思うけど、ほんと・・色々考えちゃいます

投稿: きっこ | 2008/09/10 11:59

きっこちゃん

いろいろと当たってくれて有難うね。
明日また獣医さんに行くので詳しく聞いて来るね。
でも一緒に放し飼いにしてた犬もひどいよね。ただ、そうやって仕込むのは人間。元々ロットヴァイヤーもきちんと仕込めば立派な救助犬なのに、闘争心ばかりを煽る様に育てる馬鹿な飼い主が後を絶たないからこういうかわいそうなわんちゃんが犠牲になり続けるんだよね・・
Ricciaちゃんにも先日お願いしたんだけど、訪問者の多いきっこちゃんのブログにも良かったら簡単に記事にしてもらえると嬉しいです。
結構トスカーナの方もいらっしゃると思うし。
またゆっくりメイルするね。
ほんと、ありがとね。


投稿: Aya | 2008/09/10 14:27

最近ちょっと忙しくしていてなかなかブログの訪問や更新に時間を割けないのが現状なのですが・・私が更新する前に飼い主さんが見つかったとのことで安心しました。
お役に立てずすみませんでした。

投稿: きっこ | 2008/09/12 10:04

きっこちゃん

すみませんなんてとんでもないわ。いろいろと真剣に考えてくれて本当に有難うね。

私も出張控えてるからその前に見つかるかどうかちょっと引っかかっていたものが無事このような形で新しい家族に迎えてもらって本当に一安心。

私も来週一杯はばたばただけど、またゆっくりね!
ナポリにも行って来るよ~。サダソンママに遭遇したりして?!

投稿: Aya | 2008/09/12 12:14

ayaさん、よかったです~。今、ihokoさんのところに残されたコメントで新しい家族が見つかったこと知りました。本当によかった。

投稿: macorom | 2008/09/13 23:38

macoromさん

ほんと、私も出張前にやきもきしてたので、ほっとしました。
その後の状況、また獣医さん経由で聞いてみようと思っているところですが、新しい家族できっと幸せになってくれていると信じています。

投稿: Aya | 2008/09/20 21:25

出遅れましたが良かったですねheart

投稿: ロコママ | 2008/10/06 12:29

ロコママさま

有難うございます。
おかげさまで新しい家族のもとで大事に育ててもらっているようです。

投稿: Aya | 2008/10/06 14:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トトロ村のお裾分け | トップページ | 食の秋 »