« ワイン番からのメルカティーノのお知らせ | トップページ | キャンティワインのお祭り »

2008/05/21

Artigianato e Palazzo 2008

Villa なんだかお天気が不安定なイタリアですが、先週末はコルシーニ家が所有しているお屋敷2箇所でイベントやってました。

1つはサンカッシャーノのFattoria Le Cortiでやっていたワインのイベント、Alla corte del Vino。

そしてもう一つがフィレンツェのGiardino Corsiniでやってた職人展、Artigianato e Palazzo

いろんな手作り職人たちが庭園内にあるリモナイアやテントの中に作品を持ち込み、伝統的な職人芸を披露するもので、毎年この時期に開催されます。

今年はフィレンツェモザイクをやっているYossyちゃんたちも出展していたので、彼女にもらった招待券で職人展のほうに行って来ました。彼女たちの作品はリンクをクリックして見てくださいね!

Yossyもいろんな小物のアクセサリー類を展示してましたよ。

Silver こちらはフィレンツェの銀細工。

微妙なカーブや叩き具合がすごく優しいラインを醸し出していて、素敵でした。

でもこんなものが似合うお家には住んでいないので(爆)、今はまだ見て楽しむだけ。。

だけど、シルバーって本当に見ていて和みます。

そのうちちょっとした贅沢で好きなものをちょっとずつ買い足していけるようになるといいな。

Villa_corsini2

庭園内の到る所にまばらに展示してあるので、移動しながら手入れの行き届いたイギリス庭園を楽しむことが出来ます。

こういうのを見るとイギリス庭園もいいなって思うけど、自分のお家で実現するとなると小さすぎますです(爆)

現実は厳しい・・・

ラベンダーの蕾も大分伸びてきてから、あと1ヶ月くらいしたら満開のラベンダーの淡い紫色がまた優しい色合いを添えてくれそうです。

柑橘類の植え込みのしてあるテラコッタも点在していて、普段見かけない形の柑橘類とかなんだか柚子に似た形の柑橘類を発見し、密かに臭いを嗅いでみちゃいました。

でも柚子じゃなかった~(ガックリ)

Villa_corsini機織りしている職人さんもいました。

自分で好きな色と素材を使ってストールとか作れると楽しそう~。

とこうやっていろんな職人さんの仕事を見ていると、自分もいろいろとやりたくなってしまう悪い癖がある私ですが、暫くは自分のお仕事頑張らないとね~。

でももうちょっと歳を重ねたらこういうのやってみたいな。

|

« ワイン番からのメルカティーノのお知らせ | トップページ | キャンティワインのお祭り »

コメント

こういう作品展もお屋敷ですると、展示会場なんかで見るのと全く違って見えるんでしょうね。きっと手が届かない&どこに飾るのってお宝が満載で、私にとっては目の保養だけで終っちゃいそうだけど(笑)

うちの家でもダーリンが柑橘系の木を育ててるよ。きれいなお花が咲いて、食べれるし一石二鳥!

投稿: Riccia | 2008/05/21 14:15

ステキな庭園だわぁ♪
実はこういうののもっとしょぼいのがしがない街の近郊にもあるけど、やっぱり個人邸宅でこれをしようと思ったら大変だろうねぇ(笑)でも本当に見ていてきれいよねぇ♪
機織もあたしもしてみたいわー☆なんかすごい楽しそうじゃない?まぁあたくしがしたら、結局はどれだけ早く織れるかという自己記録更新に熱を出しすぎて折り目が汚い布が出来上がるんでしょうけど(笑)

>シルバーって本当に見ていて和みます

実はあたくしね、レストランの食器(ナイフ・フォーク)が銀製品なのでね、毎回仕事の最後に吹き上げする作業を思い出され、全く和まなくなってしまいますた(笑)

投稿: gellius | 2008/05/21 16:29

Ricciaちゃん

あいにくのお天気だったけど、職人さんの作品と素敵な庭園をただで拝めたのは良かったよ~。
でも正規料金は貧乏人の私にゃあ払えなかったかも(爆)

そう、ザガラの香りって本当に甘くて爽やかで私も大好きだよ。ダンナの実家に春先に行くとパパが世話してたレモン山に行って、花の香りを嗅ぎます。
でも実るとさらにいいね!
私柚子きちがいだから、どっかで柚子の苗が変えないものかと物色しているんだけど、なかなかめぐり合えないのよぉ(涙)

投稿: Aya | 2008/05/21 17:32

gelliぽん

そう、こういうのってこうやって見るから綺麗だけどきちんと手入れが行き届いてないと、ただみっともなくって邪魔だもんね~。
機織り、楽しそうでしょ??前カシミア作っているところに見に行ったことがあるんだけど、思わず弟子入りしようかと思ったよ(爆)
時間の記録更新ときたでやんすか?でも気持ちは分かるなァ(笑)
シルバー、毎日磨かなくちゃならない立場は辛いねぇ。
我が家には金目のものは何にもないからこういう苦労はないけど、そのうち1個くらいは銀の好きなものが欲しいとイメージトレーニングだけしておりやす。

投稿: Aya | 2008/05/21 17:36

Giardino Corsiniって確か、結構中心街にあるんですよね?違ったかな?だけど・・どこがそこなのか?が良くわからず、未だ未発見の場所です。
銀がなごむ・・・。私もGelliちゃんに一票。
最初の頃、婚家で何か手伝うことない?って聞いたら、義母が、あっ・・これ座ってても出来るからって、どっさり私の目の前に銀の食器類(皿の下にひくプレートやらフォーク・ナイフ類)を積み重ねて磨き粉渡されて以来、大嫌いになりました。
で・・最初は見栄を張り、物置に仕舞いこんであったのを引っ張り出し、こういう食器を使った義母も、実は誰も喜んでいない事に気がつき止めてくれて以来、みんな幸せ。という感じなのでした。
銀製品って・・重いし・・。
(つけたし:貧乏が身に付くと、銀食器を見て頭をよぎるのは、優雅とか、素敵じゃなくて、いくらで売れるかな?なのでした)

投稿: ihoko | 2008/05/22 07:20

ihokoさん

そうです、庭園の場所はVia della scalaをviale方向に向って下っていった左手にありますが、普段は公開してないのでこの時期だけ入れる(はず。)みたいで、私も中に入ったのは初めてだったんですが、中心地に程近い場所にこれだけの贅沢な敷地を持ってるのってやっぱプリンチペは違うなって感じ(爆)

確かに磨かされてたら嫌になりますね、きっと・・・
普段使う食器には私も銀はいらないやって思うんですが小物だったらちょっと欲しいな~って思うものがあるんですよね。
だけど、それも自宅に全く銀がないからからかも?!


投稿: Aya | 2008/05/22 08:44

素敵heart02
いつも、しばし海を越え
心を遊ばせてもらえて嬉しいですshine

投稿: ロコママ | 2008/05/22 11:22

ロコママさま

日本の自然の美しさも素敵ですが、たまにはこうやって手を入れられた緑の庭園も綺麗ですよね。
イタリアはまだいろんな職人さんが残っていて、伝統工芸を見るの楽しいんですよ。廃れつつあるものも多いのですがなんとか継承していきたい文化だと思います。

投稿: Aya | 2008/05/23 11:53

繊細な銀細工ですね。
装飾用?実用なのかしら?
手入れが大変なのですよね。
うちのクリストフルは、温泉の硫黄ですんごい色。
青光りしてきています。

お庭も素敵。
時期や色合いを考えて植え込みをしていくんですよね。
これまた手入れが大変なのでしょうけれど。それ以上の楽しみがありますよね。

実家にはレモンの木があって、たわわに実ると黄色いお花みたいできれいなんですよ~。

投稿: あん | 2008/05/23 13:34

あんちゃん

銀細工、機械的に作ったものと違って本当に綺麗だったよ。展示してあったのは実用的なものと装飾と両方あって、花瓶とかも素敵だったけど、それこそ手入れが大変そうだわ~。
そっか、硫黄が強いところだと、さらに手入れは大変だねぇ。でもピカピカでなくっても銀のよさってあると思うんだけどね!

実家にレモンがあるんだね!花も実も楽しめるよね。
ほんと実がなっているの綺麗だし、華を添えてくれるよね。ダンナは実家のレモン山から一本持ち帰りたいといってレモンの木は買わせてくれないんだけど(爆)、そのうち家にも植えたい木の1本ですっ。

投稿: Aya | 2008/05/23 13:59

素敵なお家での展示会だったのね。

イタリアも職人の国、銀細工に興味しんしんです。
日本の職人技もどんどん消えていってます。
残念ですよね。

下のワイン番のワンチャン可愛いですね。

投稿: studiopinot | 2008/05/24 15:43

pinotさま

昔の貴族の所有地なので、フィレンツェ中心地にあるのに敷地も広くて綺麗に手入れしてありました。

どこの国も職人の仕事をきちんと継いでいこうという人たちが消えつつあるの、残念ですね。
イタリアでは逆に外国人などが伝統芸に興味を示して弟子入りしてたりします。
一度外に出た人間のほうが伝統の大事さが身に染みているのかもしれませんね。

ワイン番のワンチャン、本当に可愛いですよ。
いつも行くとシッポをぶんぶん振って飛んできます。
2匹とも比較的に穏やかなので、アンジーも平気なのも有難いです。

投稿: Aya | 2008/05/25 11:06

素敵過ぎる・・・
ため息でちゃうな~~

写真のレモン植えてる鉢に似た鉢が、今遊んでるので次の植木市でレモン買って植えるぞ!と密かに決意いたしましたっ

投稿: パーゴラ | 2008/05/29 15:51

パーゴラさま

たまには日本とは趣の違うお庭もいいものでしょ?
レモン植えるといいよ、ほんと。
同級生のあんさんの実家でも育つみたいだから気候的にも問題ないはず!

投稿: Aya | 2008/05/29 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワイン番からのメルカティーノのお知らせ | トップページ | キャンティワインのお祭り »