« 収穫日和 | トップページ | 今年のオリーブの実 »

2007/09/17

フィオレンティーナの気質

フィレンツェに住んだことがある人ならば、大抵のよそ者がそうそう、と口を揃えるフィオレンティーナ(フィレンツェ出身のお方たち)にありがちな性格について。

私がフィレンツェを選んだのは、ただ単にトスカーナが標準語を話すからという話を鵜呑みにしたからで、特に自分でここでなくてはいや~というこだわりがあった訳ではありません。

でも、たまたま縁があって、仕事がここで見つかったり、ダンナにも巡り会ったりで、住めば都でまあ、そこそこ快適に暮らした6年間のフィレンツェ生活でしたが、いろいろと悲しくなるようなこととか、反論したくなるようなことがあったのも実際のところ。

既に留学とは言え、夢を描くような年齢はとっくの昔に通り過ぎていたので、どれもドライには捉えてますけどねっ。

さて、フィレンツェの人は概してとってもプライドが高く、排他的。でも怠け者。そして基本的に人のことを信じることを知りません。(断り:勿論ですが、みんながみんなじゃあございません、私もとても仲良くしているフィレンツェの人もきちんといます。素晴らしい人にも巡り会うこともそれなりにあります。)

だから結構取り扱いが厄介です。

排他主義の犠牲者は外国人だけではありません、いや、むしろイタリア南北戦争(そんなのないって??)状態で、南、島のイタリアの人間への偏見がひどく、彼らを受け入れようなんて寛容な心は微塵もなし。

男はというと、自由をこよなく愛し、外国人観光客や留学生をたぶらかせて遊ぶフィオレンティーニゴロゴロ。でも縛られるのが嫌いな上、マンマにおんぶに抱っこで能天気に暮らしているバカ男が本当にザラにいる。仕事も楽して儲かる仕事をしたがるので、よく仕事がないというぷー太郎にも遭遇します。そんな条件のいい仕事があれば、みんな苦労しないわよといいたくなるくらい、都合の良い仕事を求めますから。せめて精神的に自立してりゃマシなんだろうけど、彼らの辞書にジリツという言葉はないに違いない!

女の子はというと、気まぐれな人も多いし、言動には細心の注意が必要。男探しも結構いろいろと気にするから大変。意外と結構ステイタスにもうるさい子も多いしねぇ・・・

私の周りの友達を見てもフィオレンティーニの人と結婚している外国人は皆無かも・・・

過去留学中に仲良くなった日本人や外国人の子の中で昔フィレンツェの男の子と付き合っている子はいたけど、皆さん長続きせず・・・ そう、フィレンツェの男は自分の自由は120%保証が必要なくせに、彼女のことは拘束しまくり、めちゃくちゃ窮屈な思いをさせる身勝手な人種。そりゃそーよね、自分が遊んでいるから、女も信用できないって??

イタリアに来てまだ1,2年経過した頃、おせっかいなフィオレンティーニたちに彼氏は?と良く訊かれ、シチリア人よという私にみんなが口を揃えて”やめとけー”といったのをよく覚えている。当時はほっといてよ~って言いたくなる感じだったけど、敢えてなんでよ?と質問する私への返答はまさしく、実際シチリアを知らないとしか思えない人間の言葉だった。。

”だって、マフィオーゾだし、ジェローゾ(嫉妬深い)だし、マンマ、凄いし。”(おいおい、それは君たちにも言えるでしょ??って喉まで出てきたけど、大人だから黙っていた私、イヒヒ・・・)ちなみに、うちのダンナ、スイス人のような性格です。(どんな性格?)

まだフィレンツェにいた頃、ジャズダンスのコースはほとんどフィレンツェ出身の若者ばかりで独身の子がほとんどだったのですが、見た目で若く見えるせいか私もてっきり独身だと思われていて、実は結婚してんのよーって話をしたら、すぐに、ダンナさんの出身地は?と来た!シチリアーノよ、と答えた私に彼女が返した言葉はというと・・

”Lo sapevo”(そうだと思ったわよ。)、結婚する日本人の典型的なパターンだわ。と返答してきた。

きっと彼女はそんなに悪気はなかったに違いない、でも私は一瞬こわばり、返す言葉を失ったのを今でも覚えている。

その真意をどう取るか?でも隣にいたアブルッツォ出身の私の友達もちょっと・・と思ったらしく、すぐに、ダンナさんはbrava persona(良く出来た人間)よっとフォローを入れ、私に微笑んでくれたけど。彼女もフィオレンティーナには辟易としてるほうだから、ちょっと釘を刺したくなったらしい。

きっとフィオレンティーナの彼女の中では、意識はしていなかったかもしれないけど、どこかで ”フィレンツェの男なんて所詮外国人には高嶺の花よ”、という思いがあったに違いないし、南のダメ男に誑かされて結婚したくらいの気持ちがどこかにあったに違いない。

でも、言わせてもらえば、フィレンツェの男なんてこっちからお断りである。きっと一握りの素晴らしい人はいるけど、大抵の場合、誠実さのない無責任男だからね~。

確かにフィレンツェはルネッサンス期に栄えた頃は本当に輝かしい素晴らしい場所であったのは確かだし、その時期の人たちが優越感を持つのは理解できる。

でも今や遠い昔の栄光にかじりついて、井の中の蛙のように周りのことを客観視することを知らない、フィレンツェにいとどまっているフィオレンティーナは正直どーなのよ??と言いたくなる。

だけど、所詮私はよそ者だから、あんまり大きな顔をして反論しないようにしている。郷に入れば郷に従えで・・・

でも、ほんの些細なことでも、弱者がどんな気持ちをするか、ちょっとだけでいいから相手の立場で考えて欲しいなって思うことはよくある。

マイノリティの立場といえば、私たちよりもシビアに差別意識を感じるであろう人種の人たちと触れ合うことで思ったことは、現在頭の中で発酵熟成中なのでそのうちまた。

|

« 収穫日和 | トップページ | 今年のオリーブの実 »

コメント

同感です〜。全く。
私も未だに『は〜この人たちとまともに話をしようとするのはやっぱり無駄か〜」と思うことがしばしば。
本当に閉鎖的で頭が固く、プライドが高くフィレンツェが世界の中心だと思っている人がたくさんいますよね〜。(泣)
きっと無知が故に、だと思うのですが。。。
私の周りには外国どころかミラノにも行ったことがない人がいますよ。
日本の首都が上海だと思っている人もいました。(爆)
そんな人ばかりではないのでしょうが。
きっとフィオレンティーニでも博のある人はまた違うのかなと思います。
私の周りはこんな感じの人ばかりなので。。。それはきっと私自身が博がないからなんでしょうね。。。
ところで、Ayaさんのご主人はシチリアの方なんですね。
うちの主人はフィレンツェ生まれですがオリジナルはシチリアです。

投稿: momo | 2007/09/18 00:40

momoさんも同感ですか、良かった:)
ご主人のオリジナルはシチリアなんですね。シチリアはどこでしょうか?うちのダンナはパレルモの隣町、バゲリアの出身です。
でもご主人が生まれ育った町だったら、私なんかよりもフィオレンティーニに接触する機会が多いでしょうから、結構ビックリすることも多いでしょうね。
一番性質が悪いのは、やっぱりフィレンツェにしがみついてよそを知らない癖にいろいろと差別する人たち。
ミラノとかだと東京みたいに、元々地方出身の人の人口の比率も高いからいいんでしょうけど、フィレンツェはまだ地元の人間がしっかりと根付いてますからね。(特に自分たちの親世代)
でも、最終的には個々の育った環境やその人の人柄によりますけどね。オーストリア人の友達のダンナは生粋のフィオレンティーノですが、こんないい人いないってくらい素晴らしくできた人です。

投稿: Aya | 2007/09/18 13:51

あはは・・・。荷物つくりの手をやすめてコーヒー飲みながら読ませて頂きました。
力・・入ってますね。

今のところで・・まだ良くわかりませんが、家を買った場所は、田舎すぎるのか?日本人も中国人もいなくて、良人の仕事を見てたからか?(確かに、自分の家の屋根自分で設計して作る人間なんてアンマリ見かけないしね。多分、こういう屋根アンマリ見たことなかったんだろうし)で・・なぜか最近、妙~~~に尊敬されてます(良人が・・ですが)
ありがたや・・ありがたや。。、このままつかずはなれずで・・何とか暮らしていけるであろうか?

投稿: ihoko | 2007/09/18 14:35

ihokoさん、お引越しの準備進んでますか?
いやぁ、実は仕事はまたむかっとすることがあり、ついつい書いちゃいました、フィオレンティーニの悪口・・・

マルマンティーレ、結構平和なイメージがあります。
ダンスで一緒の人たちもマルマンティーレから来る人たちが結構いますけど、みんな良い人ですよ。ihokoさんもdanza moderna一緒にいかが?結構年齢層が高いので(40前後。)ダンスというよりも・・って感じですけど(苦笑)体とストレス発散にはいいですよっ。

ご主人、尊敬に値するの、分かりますわ。近所の人も暇だから結構仕事振りを眺めていたはず!!平和な新生活お祈りしてます。

私たちが引っ越してきた当時、モンテルーポは平均年齢が旧市街に近い場所では圧倒的に高かったため、正直人間環境にはあんまり満足はしませんでしたけど、最近新しい建物が次々に完成しているので、ここ数年でうちの近所の雰囲気は変わると思っているんですよ。(当然ながらお年寄りはみんな文句言ってますけど・・・)


投稿: Aya | 2007/09/18 14:54

その土地ならではのイタリア人講釈って楽しいですよね。
私は何回も引越ししているんですよ、その土地に根付いてきたな~、と言う頃には引越しなのでじっくり観察している時間もなかったのですが・・ベニスは男女ともものすごくアパレンツァを気にする人が多いとは思います。借金してまでいい車、洋服を買うっていうイメージです。
女性も自立しているので、仕事もあり、収入もある、でもその分、言い分はものすごく自分勝手だなって思います。子供を望んで作ったはずなのにやれ「子供のお迎えが大変だ」「ベビーシッター代が勿体無い」「お金がない」ととにかく泣き言が多い。
みんなそれぞれの生活があって、泣き言言い出したら止まらないと思うんですよね。でも、この辺りの女性は本当に泣き言が多いので辟易します。最初は偶然?って思ってたけど、最近はそういう傾向があるんだと思ってます。多分、彼女たちは意識していないんでしょうけどね・・・

南は女性は基本的に家を守るもの。だからご主人の稼ぎだけで生きている家庭も多いけど、ものすごくやりくり上手だなって思います。北の収入よりも少ないのに、貯金をして、これぞ! というときにはきちんと払うだけの財力を持っている。北とは違うと思います。
南の人ははっきり言って、教養も少ないし、無知な人も多い。でも自分の身の丈を知っていて、それにあった生活を送っている、人への僻みもここほどないのはとてもよいと思います。

私も主人がナポリ人というとステレオタイプの南の人間を想像され「なんで?」と驚かれます。北の人間にとってはナポリ人は泥棒で、お金を払わない、いい加減、大袈裟というイメージなのでしょう。
でもうちの夫を見るとビックリします。うちの夫もナポリ人じゃないみたいですよ。十羽一絡げに見る人というのは、結局自分の目で見たことがないからだと思います。色々なところを訪れたり、出身関係なく人との関わりが多い方はとても謙虚だし、へんな頑固さ(絶対こうに違いないと間違えた認識を意味もなく信じる)もないですよね。

投稿: きっこ | 2007/09/18 14:58

ほんと、住んでみないと見えないものっていろいろとありますよね。
ヴェネツィア、アパレンツァを気にするのは分かるかも~。でも泣き言が多いのは、ほんと辟易とすることでしょう。
南にいくと、本当に全然雰囲気違いますよね。
私もシチリアに行くと、ここは同じ国か??と目を疑うくらい違います。確かに人間的には南の人たちは謙虚だと思います。
でもかといって、自分がそこに暮らせるかというとまた別問題で、微妙だなぁ~。

フィレンツェではいろいろと文句言いながらも、結構楽しく暮らしたんですよ。フィレンツェの好きなところはいろんな国の人たちとお友達になれること。そういう意味では自分が外国人ということも結構忘れちゃうくらいそれなりに居心地良かったりするんですけど、シチリアに行ったらねー、いかにも外国人!!!って感じだから、それはそれで宇宙人みたいに感じちゃうんですよねぇ。。(シチリア行きはお勤めですもの~)

サダソンさんもナポリの人じゃないみたいなんですね~。でもいわゆる典型的な人のイメージってやっぱりその場から動いていない人の偏見や誇張したイメージだと私も思います。

確かにイメージの一部分は当たっていると思うし否定は出来ない部分も多いけど、出身地だけで差別したり区別するイタリアの習慣は結構寂しいものがありますよね。

みんな人の本質の部分だけを見て過ごせるんだったら世の中もっと良くなりそうな気がしますが、この色眼鏡を無くすのは難しそうですよね。

投稿: Aya | 2007/09/18 15:25

フィレンツェ人ってシチリア人みた~い!
最近どこに言ってもシチリア人の悪口ばかりの私としては、皆さんのコメントも含め、“どこでも一緒か~”と慰められました!

投稿: kinuko | 2007/09/20 06:37

まあ、どこ行っても一長一短って感じ?
あとはいかにどう関わりながら過ごすかによって快適さが変わってくるってところでしょうかね。
私は嫌な人たちに遭うと、まあ、可哀相な人たちだと哀れみ、ネガティブな空気をもらわないように避けて過ごしてますから、結構平和なものです。
でも仕事だと避けらんないことも沢山でてくるから、また頭にくるんですけど、まあ、所詮イタリア人だーと思って客観的に受け止めて左から右へと業務を流してます。
仕入先の気まぐれな判断のせいで迷惑をかけた台湾のクライアントにも散々イタリア人のひどさを語ったので、ちょっぴりすっきり:)

投稿: Aya | 2007/09/20 09:34

あははっ!
何かコメントを残したかったんだけど・・・・
皆さんが、もう全て、ぶちまけてくださったので、なんだかすっきりしちゃいました・・・(*^-^*)

ちなみにうちのだんなは、お父さんが中世からのガチガチ・フィオレンティーノ。
ただ、お母さんがポテンツァ出身なので、一家はよそ者(!?)を受け入れる懐があったようです・・・
Meno male!!!!! 笑)

投稿: MO | 2007/09/21 09:33

MOさん、コメント有難うございますっ。
ほんと、皆さん運命共同体なのが分かり、私もすっきり;)

だんなさま、お父様が根っからのフィオレンティーノなのですね~。でも南出身のお母様をきちんと受け入れる懐の深さ、有難いですね!そんな環境で育っただんなさまだからこそ、きっとMOさんも幸せに過ごせていることでしょう。
ほんと、meno maleですね!

投稿: Aya | 2007/09/21 11:27

初めまして、ふぇいふぇいです。以前、ヤフー知恵袋などでフィレンツェ人の性格について、質問したことがあります。やはり、プライドが高く閉鎖的なんですね。でも、様々な人がいますから、中には出来た人もいるんですね。で、関係のない話になってしまうかもしれないんですが、今度はミラノ人の性格について尋ねたら、頭がおかしい、人の性格はそれぞれ。とか、東京人の性格を聞かれても困るでしょと言われ、すごく傷つきました。イタリアは昔都市国家でしたから、地方ごとに性格が違うのが当たり前なのに。例外もあるでしょうけど。長々とすみません。

投稿: ふぇいふぇい | 2014/06/08 08:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 収穫日和 | トップページ | 今年のオリーブの実 »