« 凄い寝相・・・ | トップページ | トスカーナワイン三昧 »

2007/05/17

健康オタク大国の落とし穴

先日輸出商品の原材料のトラッキング作業をしていてふと気付いたことが。。

チョコレート、パンやお菓子の原料によく植物油脂が使用されていますが、これが結構クセモノなのをどの程度の日本人が認識しているのでしょうか?

カカオバターなど凝固しやすい油脂だったらまだいいのですが、問題はサラサラオイルの構造を安定させ、凝固しやすいように水素結合させて作ったいわゆるトランス油脂の摂取。その中でもマーガリンなどのように通常サラサラの植物油脂を人工的に硬化させたものは健康に悪影響を与えることが既に分かっていて、欧米諸国では徐々にこの水素結合させた植物油脂は取り除く傾向にあります。弊害について興味ある方はコチラを。

それなのに、日本ではリノール酸だ、オレイン酸だなどと謳い文句にしているマーガリンを好んで摂取している人がかなりいるはず、そんな人たちにはまだバターを食べるのがマシだと言いたくなります。まあバターにもよるけど。。。マーガリンは善玉コレステロールを激減させる作用があるので、要注意です!

でも思えばとっても不自然なお話。日本ほど健康オタクな国はないはずなのに、その日本人にトランス油脂の危険性が全然周知されないのは何故?

これだけ食卓にマーガリンが並ぶ国もないはず。イタリアなんかマーガリンなんかつけてパンを食べる人なんか見たことにないですけどねっ。

だけどこれって国内のマーガリン業者を擁護しているのかも???なんて思ってしまうくらい、本当に不自然なお話。いつになるかは知らないけど、そのうち右に倣えで日本中の人たちがマーガリンやお菓子などに敏感になる日がやってくるかしら・・・

|

« 凄い寝相・・・ | トップページ | トスカーナワイン三昧 »

コメント

びっくり〜!!
勉強になりました。
教えて下さりありがとう☆

投稿: ロコママ | 2007/05/18 00:25

AYAさん、こんにちは。
フィットネス、シェイプアップの指導をする私は、その世界ではちょっと偏屈な指導をしているかも・・
ありがちなアドバイスは・・
「低脂肪・無脂肪の牛乳や、やはり低脂肪のマーガリンなどを使いましょう。」なんてね。
でも私は。
「牛乳なら成分無調整で低温殺菌のもの、マーガリンではなく、バターを使ってくださいね。」
美味しいし、ケミカルをたくさん体に入れるなんてゴメンデス。
そこでブロックしても、ビスケットやクッキーにはトランス型の脂肪が、安価を理由に(たぶん)使われます。
それを食べるのは、きっと子供が断然多いんですよ!
これは、怒らなくてはいけないことです!

投稿: masato | 2007/05/18 04:17

>ロコママさま

確かに大量消費しなくてはさほど問題ないという見解で、日本は実質野放しにしているのでしょうが、蓄積されていく量はやはりきちんと見極めるべきだと思うんですよね。。


>MATTさん

さすがですね!私も同意見です。ほんと、単価を下げるためにバターの代用として使われるマーガリンやショートニングの量は半端ではないはず。また揚げ油なども要注意ですよね。
イタリアでは菜種油は危ないものだという解釈がその筋の人には結構浸透していて、実際この油は店頭ではほとんど見かけません。
イタリアはオリーブオイル大国であり、バターも新鮮なものが簡単に手に入る国なのでありがたいです。実際最初に本物のエキストラバージンオイルの美味しさとフレッシュバターの美味しさをイタリアで知った時にはビックリって感じでした。とはいえ、単価の安いお菓子やペーストリーなど目に見えない部分での単価の安いトランス油脂の使用があるのはイタリアも同様で、加熱して油脂が変質して弊害が増すのに、無関心な健康に疎い人もかなりいるこの国の盲点ではありますけど・・・

投稿: Aya | 2007/05/18 07:55

マーガリン・・・私もずいぶん前から使わないようにはしてます。
だけど、市販のスナック菓子、ケーキ、クッキーには最近無頓着で子供に与えていた気がします。反省!
健康オタク大国の落とし穴、私自身も自称健康オタクでありながら、まだまだ勉強不足や、日々の慌しさの中で知っていることも片目閉じてるところがあるので、気をつけていこうと思いましたよ!ありがとう

投稿: パーゴラ | 2007/05/19 08:02

私も元々結構健康オタクなんだけど、イタリアに来ていろいろと知らなかったことがあったりするよ。
お互い、いろいろと意識しながらやっていきましょっ。

投稿: Aya | 2007/05/19 12:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 凄い寝相・・・ | トップページ | トスカーナワイン三昧 »