« お花のメルカート | トップページ | MOSTRA MERCATO DI PIANTE E FIORI »

2007/03/23

イタリア語の発音のジレンマ

イタリアに来て既に八年目に突入した私ですが、未だにジレンマに見舞われるのがイタリア語のSとZの発音を敢えて日本語表記しなくてはならない場合。

商品名などで、SとかZとかがあるイタリア語を日本語に記載さざるを得ない場合、正直100%満足出来る表記は出来ないと思うのです。

それは北と南で発音の仕方が変わるから。。北は基本的に濁音を使うし、南に行けば行くほど清音だし。ただ、時と場合にもよりけりで、Grazieを濁音で発音する人はいないはず。

イタリア語で標準語の基準を聞いても、日本語のように厳しい規定はなくって、いわゆる方言を感じさせないようにしゃべりさえすれば、彼らにとっては標準語らしい。(少なくともこれまでいろんなイタリア人に聞いてきちんとした回答をくれた人はゼロ)

だからイントネーションとかは厳しく決まっていないし、SやZを濁音読みするかしないかも個人が決めることも多いはず。というよりも、そんな細かいこと、イタリア人はいちいち気にしていないはず。そんな問いたてて、あのー、これは濁音で発音しなくてはなりませんか?と確認するほどのものではない。

そう、ここはアバウトな国なのである。

でも、そのアバウトな国の言葉を重箱の端をつつくような日本に型をはめようとすると大変。

そんな訳で、私は北のものの場合には濁音、南のものの場合には清音にて整理してますけど、イタリアにいる日本人の皆さんはどうしているのでしょうか?(素朴な疑問。)

|

« お花のメルカート | トップページ | MOSTRA MERCATO DI PIANTE E FIORI »

コメント

・・・・私は特にジレンマも感じず・・アバウトです。
イタリア企業も、ミラノの日本企業で5年ほど働き、その後は、
翻訳・通訳業と、職業欄には書き込んでおりますが・・
あくまで・・アバウト・・!!です。
すみません。お役に立てなくて・・

http://blog.goo.ne.jp/aulin/

投稿: ihoko | 2007/03/23 12:16

ihokoさん、こんにちは。
私も普段とってもアバウトなのですが、読み仮名つけた後でよく日本のお客さんに他の業者さんがこうやって書いているだけど。。。?とか聞かれ、結構対応に困るんですよ。イタリアではサもザもツもヅも一緒といっても頭の固いお方にはそうは思えないらしい・・・
それがなかったらてきとーに流すんですけどね(苦笑)

blogのリンク有難うございます。
早速覗かせてもらいますね!

投稿: Aya | 2007/03/23 12:43

そのご苦労は、私も歌を教えていた時に何度も経験しましたよ。
北で勉強した人、南で勉強した人で、歌の歌詞の発音まで違っちゃうんですよね。。。
とりえず、歌の場合は北に水準合わせるのが普通かもしれませんが、舞台になってる場所とかにもよりますよねー。
そういや、Zerlinaという人物の発音を「ツェルリーナ」ではなく「ゼルリーナ」と教えてる某国立芸大の先生がいらっしゃってびっくりしました!(笑)

投稿: ととろん | 2007/03/23 22:18

ととろんさん、こんばんは!
歌でもそんなに違うんですねぇ。。。
でも、ほんと、どこに基準を置くか、いつも迷うんですよ。
私の場合、仕事柄prodotti tipiciを扱うことも多いので、その場所によって読み方変えたり。
でも名前とかの固有名詞にも悩みます。特に人の名前だと違うだろうって言われると失礼だしな~って思ったりして。
でも、きっと一生このジレンマは続くことでしょう・・・

投稿: Aya | 2007/03/23 22:38

私は北に殆どいたことがないので、ほぼ全て清音で過ごしてます。
それより気になるのが、グラツィエではなくグラッチェと発音されたり、書籍として販売されているものの中で、英語からの2重訳の場合、めちゃくちゃなカタカナになっているものが多いこと。
固有名詞といえば、エットレは“エ”にアクセントがくるのに、エットーレと書かれてることが多かったり、トラパーニとかエリーチェとか書かれているのを見ると、それだけでその書籍を読む気が失せます。
言葉を職業としている人でも、言葉に無頓着な人って多いんですよね!

投稿: kinuko | 2007/03/23 22:49

Kinukoさん、こんにちは!
そうそう、結構アクセントの置き方による伸ばし音の間違いって気になりますよね~。
ツェをチェも確かに良くありますね~。モッツァレッラとかも日本ではモッツァレラが多いし、パルミジャーノレッジャーノもレジャーノだし。ついつい訂正したくなるんですよねぇ。(既に余りにも定着しすぎていて、変わんないですけど。。。)

投稿: Aya | 2007/03/24 10:12

英語もままならないので
カッコイイ ジレンマですね(笑)
アバウトな国の、おらかさは又魅力♪

投稿: ロコママ | 2007/03/26 05:00

ロコママさま、お久しぶりです。
ウィンターシーズンはいかがでしたか?
イタリアは雪不足で大変でした。
イタリア語の発音は本当にフレキシブルでいいのですが、カタカナ読み変換は逆に困ります。
でも、ジレンマといいながらも、最終的には自分で勝手に判断してカタカナ変換しているのですけどねっ。

投稿: Aya | 2007/03/28 08:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お花のメルカート | トップページ | MOSTRA MERCATO DI PIANTE E FIORI »