« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/21

オレンジ風味のチョコレートケーキ

Torta_di_cioccolato_con_arance_copia 先日のブログに載せたチョコレートケーキですが、結構反応が良かったので、レシピをご紹介します。

今回のはオレンジとピスタチオを加えたものですが、季節によって、お好みのフルーツやナッツを加えてアレンジできるので、いろいろとお試しくださいませ。

また用途によって、さっぱり系なのが良かったり、濃厚な感じが良いとか出てくると思いますが、ミルクの量を増減して調節できます。

Torta di Cioccolato チョコレートケーキ

材料 直径18cmケーキ型

卵 2個

砂糖 50g

プレーンチョコレート 130g

バター 80g

牛乳 40ml(さっぱり系がよければ50ml)

薄力粉 50g

ベーキングパウダー 小さじ1/2

ピスタチオ 30g 荒く刻んでおく

オレンジピール 1/2個分

オレンジ果肉

作り方)

①大きめのキューブ状にしたバターと荒く砕いたチョコレートは電子レンジもしくは湯煎で溶かして均一になるまでかき混ぜておく。

②砂糖と卵をボールに入れ、しっかりと泡立て器でかき混ぜる。

③②に牛乳を加えて更によくかき混ぜた後、予めふるっておいた小麦粉とベーキングパウダーを加え、均一になるように混ぜ合わせる。

④①のバターとチョコレートを合わせたものを③に加え、へらでまんべんなく混ぜ合わせ、最後に刻んでおいたピスタチオとオレンジピールを薄く剥いて細かく刻んだものを加える。

⑤バターを塗り伸ばしたケーキ型に生地を流し込み、予め180度に暖めておいたオーブンで約30分間焼きます。竹串でさして、生地がついてこなかったら、焼き上がり。

⑥型から外して冷ました後、粉砂糖を振りかけ、最後にオレンジを串切りにしたもので飾りつけする。

これで出来上がり!

私は60-70%程度のカカオ含有のプレーンチョコレートを使いますが、甘いのが好きな人はカカオ含有量の少なめのものを使っても大丈夫です。逆にかなりビターなのがお好みの人には、ココア粉末を粉類に加えばOK。最後に粉砂糖の代わりにココア粉末をまぶせば、見た目もビターな感じに仕上がります。

お勧めのフルーツ、ナッツですが、オレンジ、ピスタチオの他にも洋ナシ、ラズベリー、クランベリー、くるみなどとも相性が良いので、いろんなバリエーションをお楽しみください。

| | コメント (4)

2007/02/17

久々の休息日

すっかりブログ更新をご無沙汰してしまう多忙な日々から、久々に開放され、今日は晴天のイタリアでのんびりと休息しております。

Img_1129 今朝は朝市で新鮮野菜果物のお買い物。

近所のスーパーではなかなか手に入らない大根、白菜も手に入りました。

この時期のメルカートの果物は柑橘類が主で、シチリアから届く新鮮なオレンジ、マンダリンなどが手に入ります。

今はブラッドオレンジの最盛期。

毎日欠かさずに飲むオレンジは朝市でまとめ買いします。ワックス加工していないものもあるので、皮の部分はお料理にも使えて重宝するんですよねっ。

Torta_di_cioccolato

今日の夜はフィレンツェの友人宅に招かれているので、新鮮なオレンジピールとシチリアのブロンテ産のピスタチオ(エメラルドグリーンで綺麗なんですよっ。味も抜群。)を入れたチョコレートケーキを焼きました。 気に入ってもらえるかな?

暖冬なので、ブラッドオレンジは赤くなりきっていないものが多いため、恐らくジュース加工業者は泣く思いでは??

そういえば、今年からブラッドオレンジ果実の輸入解禁した日本向けに、先日シチリアから初回の出荷されたとか。

日本の食卓に並ぶ日もそう遠くはなさそうです。でも、捥ぎたてにかなわなそうだけど・・・

| | コメント (14)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »