« 現在活動休止中 | トップページ | 久々の休息日 »

2006/12/15

さすがナポリ

全国紙、コリエーレ・ディ・セーラの一節。

"Napoli, semafori spenti per sciopero, il traffico non ne risente" Corriere della Sera del 14 dicembre, pagina 29.

全国各地でゼネストの行われたイタリアでしたが、その中でのナポリの様子を描いたもの。

”ナポリ、ストのため、信号も消えていても、交通への影響は感じません。”

信号に重きをおかない場所では、こういう時に本領発揮するようです(笑)

|

« 現在活動休止中 | トップページ | 久々の休息日 »

コメント

爆笑してしまいました。
よく知っているだけに、複雑な気持ちですが・・・。
やっぱりナポリでは運転できないなぁ!

って、その前にストで信号が機能しないってどういうこと???

投稿: kinuko | 2006/12/15 17:33

イタリアの住人にしか分からないでしょうけど、このネタ、思わず拾っちゃいました(笑)
私もアントニオと爆笑。
でも、やっぱ運転、しないでしょう?

投稿: Aya | 2006/12/15 17:48

アハハ、いいのか悪いのか、それじゃあストの意味ないですね~!(笑)

うちのすぐ前にある信号も一度完全に消えていましたが、事故も無くスムーズに車が動いてましたよ。
なんか、イタリア人ってこういうところ器用ですよね?

投稿: ととろん | 2006/12/16 16:08

ジェノヴァでも信号消えてたんですかぁ?
でも、ほんと、信号を信じるよりも道路に気を配ってたほうが、無難な国なのは間違いないですよねっ。

投稿: Aya | 2006/12/17 14:36

バタバタしてて、やっと遊びにこれました。

へ〜。
日本なら大変な騒ぎになるのに・・・。
文化の違いは国民性の違いなのかな?
おおらかですね♪

投稿: ロコママ | 2006/12/17 15:22

国民性の違いはもちろん歴然です。
イタリアは個人主義の国ですし、基本的に他人を信じていないところが根本にあるので、そこらへんも無秩序部分を生み出す一因、こと、運転となると人間が豹変するくらい、みんな短気で、待たされるのが大嫌い。
ナポリは普段から交通放棄を軽視している場所として有名で、一方通行の逆行とかならまだしも、信号無視も注意が必要。そんなわけで、信号はチェックしなくても、周囲の確認をして運転する癖がついているんですよねっ。

投稿: Aya | 2006/12/18 09:11

すごい・・・
笑ったあとに唖然としちゃった・・・

ナポリって大きい街なんだよね?
交通事故とかもあるんでしょ?
日本じゃやっぱり考えられないねぇ~
とろい私はイタリアじゃ運転は無理だな・・・

投稿: あややん | 2006/12/18 14:43

あややん、お国変わればって感じでしょ?
ほーんと、ナポリは混沌としたイメージが結構ピッタリの場所で、人口は100万くらい?
でも、ほんと、日本人はメンタリティ変えないと、運転できない場所なのは確かですっ。

投稿: Aya | 2006/12/18 14:54

読んで、家族に伝えて、皆爆笑。
私以外はイタリアに行った事ある人達なので、
すっごい納得していました。

以前聞いた「車はお互いぎりぎりに止めて、出すときには前の車にぶつけて動かしてから。」なあんて話もありましたね。

一回行ってみたいな~。

投稿: えりぐ | 2006/12/20 13:24

そう、笑い飛ばしてくださいまし;)
先進国(一応、ね)の中では、運転ルールのひどい国の上位ランキング間違いなし!
イタリアの中古車販売は日本みたいにひっかき傷なんていちいちチェックしません。
不可抗力で傷物にされることが余りにも多すぎるもんでねぇ。
ちなみに、うちの車の後部ライトのカバーの部分は駐車していたら、べこべこにされ、車検の際に変えようかと話をしてたのですが、整備工場のおじさんに、”安全上支障もないし、完全に壊れたら変えれば?”と呑気にいわれ、今もそのまま透明テープで補強して走っております。(貧乏くさ)
でも、またいつべこべこにされるかわかんないもんね~。

投稿: Aya | 2006/12/20 13:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現在活動休止中 | トップページ | 久々の休息日 »