« GOCCE DI ORO VERDE | トップページ | 気持ちは若く・・・ »

2006/12/04

エミリア・ロマーニャでのグルメな週末

Reggio_emilia 週末はちょっぴり足を伸ばしてエミリアロマーニャへ行ってきました。題して"Weekend Gourmet in Emilia Romagna"

目的はクラテッロ・ディ・ジベッロとアチェート・バルサミコ・トラディツィオナーレ・ディ・レッジョエミリア。

いずれもDOPで、いずれも気軽に、じゃ、これちょーだいなんて間違っても言えない超高級品とあり、一般庶民の私は職権濫用でそれは心待ちにしていたわけです。

わざわざフィレンツェのほうまで戻るのも面倒だし、ということで、折角だし、アンジーを引き連れ、バカンスも兼ね、週末はレッジョエミリアに泊まってのんびり過ごすことに。

さて、出発は土曜日の朝。駐車場に車を取りに行ったアントニオが帰ってきたと思うと、低温のため、車のフロントガラスが凍っちゃってるとすぐに引き返してきました。いきなり寒くなったのよね・・・

そんなこんなで荷物を出して待っていた私は急遽お湯を汲みにお家に上がり、とりあえず、アントニオは荷物を運んで車へと。

お湯を入れて下に下りると、荷物はほとんど持ち去られていたので、玄関に残っていたもうひとつの荷物を持ち、玄関を閉めて駐車場へ行くと、アントニオはエンジンオイル充填中。私は凍った窓ガラスをお湯で溶かし、2人とも準備が終わったところで出発。

お家にもう1つ荷物が残っていたので、それをピックアップに車でお家に着くと・・

いきなり問題発生!!

鍵がうまく入らないと思いきや、なんとお家の内側に鍵がささったままドアを閉めてしまっているのが判明。(がーん。。)

でも午前中のうちに仕事のアポに行かなくてはならないし、のんびり鍵開けに格闘している暇もないので、荷物は諦めて出発することに。アンジーが内側に閉じ込め状態になっていなかったのはせめてもの救いと前向きに解釈し、明日は明日の風が吹くさっと呑気に出発した私たち。(実際呑気だったのは私だけだったけど。。)

気持ちを取り直し。その後は渋滞もなく、スムーズにパルマまで足を運んだ私たち。メーカーに電話したら逆に早めに着き過ぎとのことで、サービスエリアでちょっぴり息抜き休憩。アンジーもしばらく車で待たされることになるので、しっかり出すものは出し切ったところで、再しゅっぱーつ。

と思いきや、なんだか変である。エンジンをかけてすぐにオイル臭っと思った瞬間、社内には何やら白い煙が。でも、トラブルを示すランプも何も点いていないし、一度エンジンを切って再度エンジンをかけると・・・

前からも怪しげな白い煙が上がっているではございませんか!!

てなわけで、前を開けてみると、あたたた、エンジンオイルが入っているところのキャップが無くなっているぞぉ。アントニオの閉め方が緩かったのかどうかは定かではありませんが、走行中に無くなってしまったらしい。

あわてて最寄のトヨタのお店を聞き出し電話したところ、土曜日だとパーツの取り寄せが出来ないから何も出来ないよとあっけなく返答。てなことで、サービスエリアでとりあえず非常用のキャップをゲットして、なんとか応急措置終了。

でも、あーだこーだしているうちに余裕かまして寛いだ私たちは20分遅刻。(ごめんなさい。)でも、美味しいクラテッロが、いやいや、親切なメーカーの方が待っててくれました。

詳しくはまたじっくりご報告を。。

さて、たらふくクラテッロを食べて幸せ一杯の私たちをよそ目に車で2時間ほど待ち伏せ喰らったアンジーでしたが、出発前に車から降ろしたアンジーを見たメーカーのおじさんが親切にも貴重なクラテッロを2きれもアンジーに与えてくれたのでした。普段超粗食に耐えさせられているアンジーは目がギラギラしちゃって、凄い勢いで喰らいついていたので、メーカーのおじさんもビビったことでしょう。ちなみにおじさんもジャックラッセルがいるといってましたが、ひょっとしてジャックは毎日こんな贅沢なものをお召し上がりなのでしょうか????

その後足を伸ばしたのはクレモナに住むジュンくんち。預かっていた荷物を届けに足を伸ばしたのでしたが、私たちは自爆して開かずの家にしてしまったがため、荷物1ケースショートで、結構何しにきたの状態。そんな訳で、罪滅ぼしにすずめの涙状態のおこぼれのクラテッロで勘弁してもらいました。

Img_0518その後、クレモーナは初めてだったので、ちょっとだけ旧市街に足を運びました。お昼休みの時間帯だったので、お店は閉まっているし、歩いている人もほとんどおらず、おまけに霧が完全に晴れきっているともいえないどんよりした町並みだったので、なんだか心躍る感じではありませんでしたが、さすがバイオリンの町。

至る所にバイオリン職人の工房や看板が出ていて、ショーウィンドーにもバイオリンがあったりで、ふーんと思いながら軽く散策。

一体何人くらいバイオリンの職人さんが住んでいるのでしょうかね??そのうちジュンくんも著名なバイオリン職人になってくれるでしょうか??

さて、人っ子一人いないクレモーナからは早々に引き上げることにして、今夜の宿のあるレッジョエミリアへ。ホテルはScudo di Franciaという旧市街の真ん中にあるホテル。

現在霧のこの地方は超閑散期らしく、えっらい安くで泊まれました。59ユーロ。朝食込み。確かに霧は辛いけど、このプライス悪くないかも;)部屋も綺麗だったし、朝食もイタリアのホテルの割にはまともだったので、もし足を運ぶ機会がある方にはお勧めですっ。

レッジョエミリアといえば、MAX MARAの工場があるのでも有名。そんなわけで旧市街にあるマックスマーラのお店は超立派で、中に竹林までありました。(なんじゃそれ?)でも、見ると欲しくなるので、中には入りませんでしたが。

Reggo_emiliaimg_0527町はすっかりクリスマスムードで、通りごとに微妙にイルミネーションが違っていて、綺麗でした。目抜き通りは大混雑。

アンジーの散歩がてら、いろんなお店、飲食店を覗き見した私たちですが、小さな町の割には結構洗練されたお店も多くって、結構楽しめました。

通りすがりの人たちに大人気だったアンジー。

イタリアではまだまだ少ないロングのミニチュアダックス、イタリア人の目には新鮮に映るようです。

尤も人ごみの嫌いなアンジーは食べ物探しだけを目当てに頑張って散歩してましたけど(苦笑)

Il_pozzo さて、クラテッロを狂うほど食べた私たちは、意外とお腹が一杯だったので、リストランテはやめて、エノテカ/リストランテのIl Pozzoへ。

入り口を入ると、地下にお店が。アンジーもいるし予約もないし、恐る恐る階段を下りていきましたが、アンジーもウェルカムで迎えて頂き、こちらでグラスワインと軽くおつまみでお食事することに。

私はまずアペリティーボのプロセッコから。とっても香りも良くって、味もなかなかで思わずグビグビいってしまいました。。カメリエーラが次に通りかかった時にすかさず2杯目のガヴィを頼んだところ、フリザンテのワインは気に入らなかった??と訊かれ、”いいえ、既に飲んでしまいました。。”と答えたらにんまり笑ってました。すみません、酒飲みで。

落ち着いて暖かい雰囲気のお店で、結構良かったですよ。セコンドもドルチェも結構美味しそうでした。

IL POZZO
Viale Allegri 7 Reggio Emilia
Tel. 0522/451300fax 0522/451300

さて、翌日日曜日。

早起きして目指すはバルサミコのメーカー。ローカルな細道を北上したところにある目的地に向けて車を走らせていくと・・・

どうも、今回の旅行、素直に行かないようになっているらしい。

頼みの一本道の先のほうに不気味な黒煙が上がっていると思いきや。

「・・・・・」

車が炎上中。そんなわけでほとんどの車が足を止めていて、事実上通行止め。

普段ならそんなの大丈夫よなーんて太っ腹に言いたいところですが、なんせオイル漏れしている車ですから、火に油を注ぐようなことは自殺行為は止めようと素直に諦め、近所のおじちゃんたちに代替の道を聞くと、幸い、丁度良い抜け道がありました。

なんとか無事アチェタイアまで辿り着き、メーカー見学。美味しいネタはまたゆっくり後日。

美味しいバルサミコ酢の試飲の後、親切なメーカーの若旦那がランチを誘ってくれ、後ろ髪引かれたのでしたが、鍵のことがあるし、そそくさと退散することに。

そうしてなんとか帰途に着いた私たち。思ったよりも早く着き、3時過ぎでみんながまったりとしている時間帯に鍵と格闘することに。(泥棒と間違われないようにねっ。)

一応論理的にいろいろと解決策を考えてた私たち。確かに鍵はささっているけど、回ってないから反対側にうまく押して落とせば開けられるはず、ということで、まずは鍵穴を覗き、中の鍵がまっすぐ抜ける状態かどうかチェック。

ほんの気持ち斜めに傾いていたので、今度はたまたまカバンに入っていた大き目のクリップを鍵穴に入れ、格闘すること数分。鍵を水平にするのに成功。

そして今度は最後の一押し。がちゃがちゃ鍵突っ込んでやっていたら・・

ガチャン、という音とともに、鍵が無事中に入りました~!

10分足らずで問題解決。不幸中の幸い。

そんな訳でついているようなついてないような週末でしたが、結構大満喫出来ました。

Angie_con_kuma そして戻ってきたアンジーはというと・・・

2日間結構待ちぼうけでつまんなかったのもあり、お気に入りの熊さんと一緒に遊んでおりました。

アンジー、2日間お付き合い、有難う。

でも、あのクラテッロ、一生忘れられないかもね?!

|

« GOCCE DI ORO VERDE | トップページ | 気持ちは若く・・・ »

コメント

ロングリポートありがとう♪
アンジーちゃんも可愛いけど、
お☆さまのイルミネーションがステキ☆☆

投稿: ロコママ | 2006/12/05 12:29

AYAさん。

お楽しみには、乗り越えるべき「ハードル」があるのですね。
盛りだくさんの想い出が出来たのでは?

ところでこちらは(浦和辺り)、日中ならまだ暖かく、冬って感じがしません。晩秋?

コレも異常気象かな?

投稿: masato | 2006/12/05 13:13

ロコママさま>
長い文章読んでくださって有難うございます。
イタリアの街角はどこもクリスマス色に染まってきましたよ。

masatoさん>

本当に、山あり谷ありの週末でしたが、トータルではとても有意義でしたよ。
イタリアはここ数日やっと冷え込んできたところですが、ほんと、昔からすると温暖化が確実に進んでいますよね。


投稿: Aya | 2006/12/05 13:35

クラテッロにバルサミコ・トラディツィオナーレ・・・。
美味しい週末でしたねぇ!
そういえば、私の実家にもバルサミコ・トラディツィオナー-レ(私はモデナのです)があるので、この週末にでも!
ジェラートにかけるか、パルミッジャーノにかけるか、それが問題だわ!

投稿: kinuko | 2006/12/06 02:49

ええ、とっても。
共通の知り合いのメーカー、クライアントもいて、思いっきり盛り上がり、また一緒にお仕事出来るようになればいいねって話をして別れたところでした。
Kinukoさんはいつまで日本ですか?
トラディツィオナーレ、私も自宅にあるのはモデナですが、今回レッジョエミリアのものを食べて見方が変わりましたよ。
次に買う時にはレッジョのものを買いたいなっ。

投稿: Aya | 2006/12/06 09:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34325/4432052

この記事へのトラックバック一覧です: エミリア・ロマーニャでのグルメな週末 :

» サイエンス [ラブリーボーダー]
サンタが街にやってきた 打開するため ブラック また [続きを読む]

受信: 2007/03/11 09:28

« GOCCE DI ORO VERDE | トップページ | 気持ちは若く・・・ »