« 向日葵 | トップページ | 心ない隣人の仕業 »

2006/08/13

またもやテレコム・・

イタリアはFerragostoのお休みを前にすっかり夏休みモード。そんな中、何故だかまだ仕事をしている私たちですが、こんな時に限って世話にならなくてはならないのがかのテレコムさま。

金曜日の朝、ADSL回線が繋がらず、電話を入れると、故障の恐れとのことで、マックスでも48時間以内に修理担当者をよこすとのことで、仕事にならないので、早めに送り込むように催促して電話を切る。

翌日、ようやくテレコムからの人間がやってきた。(めずらしく時間内・・)

いろいろとチェックした挙句、問題はルーターと判明。1年も経っていないのに壊れてしまったらしい。とほほ。イタリアで買う電化製品は何故だか寿命が短い気がするのは私だけでしょうか??

仕方なく、急いでコンピューターショップへ足を運び、ちょっとマシなルーターをゲット。でも、、待ち受けるはルーターのセットアップ。

去年引越しした際に、データが変わったにも関わらず、テレコムが何度催促しても詳細を文書にて送ってくれないので、去年メモった紙を出してくる。ただ、去年、テレコムビジネスの電話オペレーターに毎回違うデータを渡された私たち。そんな訳でどれが本物か訳が分からず、結局テレコムビジネスのテクニカルサポートのオペレーターへ電話。バカンスモードでなかなかオペレーターが出ない。またこんな時期にプロフェッショナルな人間がバカンスに入っていない訳がないので、最初から期待はしてなかったけど・・・

1人目:しばし待たされた後、女性のオペレーターが出る。事情を説明し、IP、SM、GATEWAY、DNSを教えて欲しいというと、電話番号を聞かれ、次に会社の納税番号を聞かれ、待つこと1分ほど。そうすると、彼女の返答は、お宅の会社はADSLのクライアントとして認識できません。と凄い回答が返ってきた。去年電話した時にはうその情報だらけだったけど、少なくとも情報をもらえたのでそんなはずはないといったところ、いきなり、プ、プ、プ、プ、プ・・・向こうから電話を切られる始末。やられたっ。

2人目:めげずに、再度トライ。電話かけて待つこと10分ほど、やっとオペレーターに通じる。またもや女性のオペレーターだぁ・・・まず、電話番号がADSL加入者として認識できるかどうか確認してもらうと、今度はOK。きっと最初のオペレーターは質問の意味が分からず、勝手に切ったに違いない、と勝手な憶測をしながら、2人目のオペレーターに再度事情を説明し、詳細を確認したいというと、今度は詳細データに関しては、私共では対応できないので、別の電話番号にかけるように、というので、素直に番号を控えて、切る。でも、くれた番号はまさしく、同じテクニカルサポートの電話番号・・・先行き暗し。

3人目:ほとんど諦め状態で、ほとんど意地で電話をかけ続ける。またもや待つこと10分ほど、今度は男性オペレーターが出る。声の感じ、ちょっとプロっぽいのでかすかに期待する私たち。叔父さん頑張れ~の祈りが通じたのか、やっと状況を的確に把握してもらうことが出来、全てコンフィグに必要なデータをもらうことに成功。

まあ、こんな訳で今回は比較的にさくっと(?)収拾に向かうことが出来ましたが、こんなの日本だったら、クレームの嵐でしょう。。。

ちなみに、このテレコムさま、実際に抗争中(?)というよりも消費者が勝手に訴えて、そのまま保留になっているとしかいいようのないケースが山積み。でも、全然それに誠意に対応する様子もないので、大変。

今度こそ、テレコムの契約を解約してやるぅと思ってはいますが、なかなか代替の信頼性のある電話会社もなく、いつまで貧乏くじを引かされ続けるのでしょう。。。日本が恋しくなった週末でした。

|

« 向日葵 | トップページ | 心ない隣人の仕業 »

コメント

なんだか凄まじいね~
このやりとり、私なら日本語でもくじけてしまいそうだけど、これをイタリア語でやってるんだよねえ・・・ほんとすごいわっ!それにしても鍛えられるね~テレコムやイタリア気質に?!日本に帰ったら、トラブルをトラブルと感じないかもね~

投稿: パーゴラ | 2006/08/14 03:17

そう、凄まじいのよ。ちなみに今回はマシなほう。(1日で解決するなんて、快挙ともいえるわっ)
イタリアのいろんな手続きでずさんなのはテレコムはじめ、いろんな公共料金の支払いとかもねっ。ちなみに、イタリアでは住民票がある町以外の人には、高めの料金を適応するのよ。
でも、住民票移すのも日本みたいに即終了しないので、まずは、市役所で申請、その後、警察が実際にお家にチェックに来て、それでOKを市役所に出すと、移転先の市役所から前の市役所に移転手続きの依頼、実際に前の市役所から移転終了の手続き完了の連絡、でやっと住民票が移せるんだけど、その間、公共料金の手続きにすぐに住民票のある人の料金は適応してくれず、その後、さかのぼって申請できるんだけど、(住民票は申請日にさかのぼってもらえるからね。)いちいち、住民票の写しを渡さなくてはならないんだけど、何度渡しても、料金はそのまま古い料金のままやってくるし!!(これで3回目)
イタリアはガス代も電気代も資源が乏しい国だけに高いのよ。
そんなわけで毎回凄い金額のガス代がやってきて、泣きそうになります。
毎回、カスタマーセンターに電話すると、いうことが変わるし!
そう、日本のように情報が整理されている国はないよお。
海外に出て初めて分かる日本の有難味です。

投稿: Aya | 2006/08/14 09:11

Ayaさん、こんにちは!
イタリアの公共サービスはホント大変ですよねぇ・・・。
お気持ちお察しします!
私は今回パスポートを更新したんだけど、サービスの良さに逆に感動しちゃいました!

投稿: kinuko | 2006/08/15 09:54

Kinukoさん、こんにちは。
日本のお盆はいかがですか?
パスポート更新、素早かったようですね~。
イタリアではありえないわぁ。
私も11月に切れるので、そろそろ更新しなくてはいけないのですが、イタリアに戸籍を置いていても、日本で取れるんでしょうかね?それか大使館に行くしかない?
今月末は脅威(?)のQuesturaが待ち受けております。
さて、Carta di soggiornoが素直に出てくるでしょうか??
指紋押捺も全てしたので、これで出さないといったら、怒りそうです!

投稿: Aya | 2006/08/15 10:13

Ayaさん、私の家のあたりのお盆は7月なので、実は関係ないのですが、仲良しの叔母の家に行ってました。
住民票だけでなく戸籍もイタリアですか?
でも、別に日本に戻る予定がないなら大使館の方が楽じゃないですか?
パレルモの友達は無理やり当日つくってもらってましたよ!
Carta di soggiornoうまくいくといいですね?
また報告待ってます!

投稿: kinuko | 2006/08/15 16:06

恐らく戸籍もイタリアかなぁ?
9月、10月までゆっくり日本に滞在するし、11月にはパスポートが切れるので、どーしよっかな?って思っていたのですが、出国前には忙しくてローマに足を運べなさそうだしって思っていて、日本でも出来るのかな?って思っていたのでした。
今度、大使館に電話して聞いてみます!
Cartaが取れた暁にはご報告します。

投稿: Aya | 2006/08/16 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34325/3043955

この記事へのトラックバック一覧です: またもやテレコム・・:

« 向日葵 | トップページ | 心ない隣人の仕業 »