« またもやテレコム・・ | トップページ | ポルチーニの季節 »

2006/08/18

心ない隣人の仕業

Dsc05643 つい数日前、いきなりショッキングな出来事が起こりました。

余りのショックで怒りを通り越して、落ち込んでしまったくらいですが、ちょっと気持ちが落ち着いたので、記すことにします。

これは、春先に我が家の道路側の生垣を撮った写真ですが、前の大家さんが植え込みしたバラとニセジャスミンが綺麗に咲くので、庭のあるお家が少ないゾーンだけに、近所の人たちにもちょっとしたオアシスになっていた垣根。

実際、先週末にニセジャスミンが一通り咲き終わったので、剪定をしている最中にも、近所のおばさんたちがやってきて、挿し木をしてみたいからと枝のおこぼれをもらいに来た位。

ただ、唯一、この植木をこよなく嫌っている人間がいました。そう、隣の老人です。これまでも嫌な思いをすること沢山ありましたが、あくまで言葉の暴力だったので、了見の狭い哀れな人間だと相手にもしてませんでしたが、今回はちょっと許せないレベル。

左奥の部分(下の写真の緑の門の部分)が老人の家の入り口で、この垣根は家とその隣の洋裁工房の大家さん(ちなみに、元我が家の大家さんのいとこのお家)で、実質的に、私たちが世話をしていました。

先週末もきちんと剪定を済ませ、ジャスミンの葉の緑にさるすべりのピンクが綺麗に映えていて、誰が考えても迷惑がかかるような状況ではなかったのに、つい数日前の早朝、その日は8月15日の休暇明けで、静まり返っている頃、2階にいたアントニオがはさみのちょきちょきする音に気づいて玄関に出てみると・・・

Disastro

家の前の垣根は散々緑の部分を切り取られ、古枝がむきだしにされ、無残な姿になっているではないですか??

アントニオが出ても知らんふりで切り続けるくそ爺に、なにするんだ!!と叫んだのですが、お構いなし。

年の功だと思って、こちらが何も出来ないのをあざ笑うかのように綺麗な緑の垣根は茶色のとげとげにしてしまいました。

元々は1つのお家だったところを3等分して出来た場所で、これまでは最初からの住人がいただけに大きい顔が出来なかったのでしょうが、私たちが引っ越してきて、ここぞとばかりに幅を利かそうとしてあれやこれやと口出ししてきたのにも、できるだけ誠意を持って対応してきたにもかかわらず、この仕打ち。

彼の言い分は、自分が車で出るときに、この垣根のせいで車が見えないというのですが、自分でバックで駐車しておけば、問題ないことで、おまけに、100歩譲って、彼の入り口の近く2mほどは全てニセジャスミンを切り取ったくらい。おまけに、交通量も1分に1台も通らないような通りです。

なのに、今回は全く関係ない私たちの家の前までなんの知らせもなく5m以上刈り取ったのは、嫌がらせ以外の何者でもなし。

もちろん、痛めつけられた植物を見るのも痛々しいのですが、それ以上にそんな心ない人間がいることに、心を痛みつけられ、そしてその人間が偉そうに我が物顔で隣に住んでいることがとても不快に思えてなりません。

平和主義者の私たちまで、ファシストで外国人の嫌いな爺にそのうち天罰が下るのを思わず祈ってしまいそうです。ほとぼりが冷めるでしょうか??

|

« またもやテレコム・・ | トップページ | ポルチーニの季節 »

コメント

ひどいねえ・・・
自分で動くことができない植物にこんな悪意ある行動をとると、何かしらの形で必ず天罰は・・・!
波長を合わしたらいけないお隣さんだね。アントニオ驚くかもしれないけど、塩まいといたほうがいいよっ!

投稿: パーゴラ | 2006/08/19 09:34

そう、ほんとひどいって感じよ。
波長を合わせたら、凄いことになるわよ。
これまでもEU以外の外国人の悪口とか、南イタリアの人間の悪口とかひどくってさ、私たち、もろ対象の人間なのに、感じ悪かったのよ。一応、前置きして、あんたたちはいいけど、とは言うんだけど・・おまけに、噂好きで、なんでも必要以上に干渉したがるというか、プライバシー侵害で訴えたいくらいで、ネタ探しされちゃ迷惑なので、できるだけ疎遠に付き合ってはきたんだけどね。それも気に入らないのかもね。でも、近所の人たちもみんな変な人間と思っているみたいだからせめての救いだけど。
そうだね!塩でもまいておこうかしら。

投稿: Aya | 2006/08/19 09:56

彼の家との境界を越えているならともかく、道路でしょぅ???
そんなひどい話聞いたこともない!
近所の人たちが変な人だと思っているのは救いだけど、隣人というのはつらいかも・・・。
うまく距離を置いて付き合えればいいけれど、頑張ってね、としか言いようがないかしら?

投稿: kinuko | 2006/08/19 11:03

KINUKOさん、励まし有難う!
そう、道路です。
庭の境界にもうるさいので、きちんと剪定してあるんですよ。それでも、影を作るからオリーブの木を切れだのうるさいのですが、家は彼の家の北隣なので、どう考えても影なんて出来ないんですけど・・・
今は夏場なので、彼らは庭で過ごすことが多いのですが、よく老人二人で、庭の境目にある垣根の悪口を言っています(苦笑)前の大家さんが植えやがったから、日陰を作るし、見晴らしも悪いというのですが、そりゃ、相手にしてみたら、年中見られてたら嫌に決まってるだろ??って感じです。
でも、これが若いカップルだったら、何十年もずっとこんな思いをするから、もっと最悪だったよね、と自分たちで慰めております。
せめてもの救いは同じお家の敷地ですが、お家は独立していること。こんな人間が同じcondominioだったら、凄いことになってるでしょう・・
なんせシチリア人はみんなマフィア、アジア人はみんな仕事を盗む人間(中国人との区別がつかないらしい。。)と思っている頭かちかちのじいさんですからね~。

投稿: Aya | 2006/08/19 11:53

ご無沙汰してます。
それにしても、とてもショッキング、悲しいですね。
切られた木々も可愛そうだ。

イタリアにも、日本にも、どこの国にもこういう方いるんですね。

とっても辛いとは思うけど、怒りの気持ちをちょっとだけ我慢して、切られてしまった木々をどんなに大切にしていたか、切られてあやさんがどんなに悲しいか、気持ちを素直に伝えてみると、効果があるかもしれませんよ。
このままずーっと嫌な気持ちでお互い近所付き合いをしていくより、ここは気持ちを抑えて勇気を振り絞って声をかけて、こちらの気持ちをわかってもらうこともいいかなと思います。

仕事上、外国人の知り合いが周りに多い自分ですが、みんながよく言うのが、日本人は謙虚で礼儀正しいと。
アジア人、特に日本人はそうなんだよってわかって欲しいですね、その老人にも。
長々と失礼しました。

投稿: しげ | 2006/08/21 17:39

しげさん、久しぶりです。
励ましのコメント有難うございます!
おかげでだいぶん落ち着いてきて元気になりました。
文化圏が違う相手の上、既に80近くて考え方が凝り固まっている人なので、他人の話に耳を傾けることを知らないんですよ、このじいさん。普通の人だったら、しげさんのいう通り、自分の気持ちを説明したいのが山々なんですが、彼の場合、相当厳しそうです。。。筋金入りの偏屈ものなので、おまけに人目をはばからず、ごみ漁りもするくらい、変わっているんですよ。
これまでも、しつこくいろいろと聞いてくるくせに、質問に答えても、結局自分で勝手に話をして自分の都合が良いように話をもっていくので、暖簾に腕押し状態で。
実はこれまでもいろんなことがあって、その度に一生懸命こちらの気持ちを伝えようとしたのですが、まるで効果なし。聞く耳持たず。
そんなわけで今回だけはほとんど諦めてますが、でも、二度と同じようなことをしないように、そのうちほとぼりが冷めたらきちんと話をしてお願いしようと思っています。
ほんと、日本人はアジアの中でもずば抜けて礼儀正しく、控えめだと思います。でも、おせっかいで身勝手な人間には、その良さは理解できない気もするなぁ。。周りが見えず、自分の周りの世界が回って当たり前の人の典型なので。みんながしげさんみたいに人の気持ちを判る人だといいのですが、世の中、甘くないようです(残念!)

投稿: Aya | 2006/08/22 10:19

AYAさん。
お久しぶりです。
すごいネガティブ・爺様ですね。
そのエナジーをプラス方向にむけたら、きっと愛と平和のコミュニティーがうまれそうなものを・・・
近い将来、物語の主人公になれそうな爺様。
スクルージを連想しちゃいます。

投稿: matt | 2006/08/22 16:18

Mattさん、お久しぶりです!
夏ばてしないように毎日レッスンしていらっしゃいますか?

そう、いろんな意味ですごいパワーの持ち主です。ほんと、このパワーをいいほうに使えばいいのでしょうが(苦笑)
絵に描いたような偏屈じじいで、なかなかお目にかかれるもんじゃないですよね。ある意味貴重かも?
でも、できれば、隣人には一番欲しくなかったタイプかもです。9月にはゆっくり日本に帰れるので、しばし距離を置けるのがせめてもの救い。帰れるのが待ち遠しいです。


投稿: Aya | 2006/08/22 16:32

そうですかぁ。
それじゃあショウガナイですね...(笑
世の中には理屈の通らない人もいるってことですね。
国民性もあるのかな!?
落ち込まないでくださいね!

投稿: しげ | 2006/08/22 17:19

しげさん、優しいお言葉、ありがとう!
でも、イタリアで鍛えられたので、ちょっとやそっとでは、落ち込みが続くことはないから、大丈夫よ。
気持ちを持ち直して、前向きに頑張りますわ。
国外退去命令が出た時よりは全然ましよ(笑)

投稿: Aya | 2006/08/22 17:37

AYAさん。
9月に帰ってこられるのですか?
もし、チャンスがあったら、ぜひともお会いしたいですね。
いかがですか?私のピラティスのクラスを試してみては・・・
けっこう、いいクラスですよ!

投稿: matt | 2006/08/23 16:48

Mattさん
そうなんです!久々の帰国がやっとかないます。
今回は比較的長く滞在するのですが、東京には9月下旬に10日ほど滞在予定。しかしながら、仕事でかなり拘束されるので、時間的にレッスンを試せるかは分かりませんが、もし時間があったら、お言葉に甘えてお邪魔します。
私は、9月27日~10月2日まで松屋銀座さんのイタリア展の特設会場におりますので、お時間があったら遊びにいらしてくださいませ。

投稿: Aya | 2006/08/23 17:37

ひどい爺さんだな、こりゃ。
でも確かに、ある程度年取ると誰でも、自分の考えがあるからいくら説明しても、分かってくれないことって多いよね・・・。真剣に聞いてくれたり、分かろうとしてくれる方はいいほうで、ほとんど否定的・・・が多いような気がする。
彼の場合、もともとの彼の考え方自体に問題があると思うけどね。
ほんとに、大変だけどがんばってというより他はないかも。全然励ましになってなくて、ごめんね。とりあえず、応援してます。
「がんばれ~!!」

投稿: よっちゃん | 2006/08/26 07:11

よっちゃん
応援ありがとう。
でも、ほんと、年取るとかちかちに頭が凝り固まっているので、改善の余地なしって感じ。
もう諦めているからいいんだ~。
同じことを繰り返されないのを祈るばかりよ。

投稿: Aya | 2006/08/26 08:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34325/3111830

この記事へのトラックバック一覧です: 心ない隣人の仕業:

« またもやテレコム・・ | トップページ | ポルチーニの季節 »