« シエナの黒豚、チンタセネーゼを訪ねて | トップページ | 初夏のお庭 »

2006/05/25

またもやピエンツァへ

Dsc05684 先週末は急遽仕事が入り、またもやピエンツェへ行ってきました。

いつ行っても綺麗だなぁ・・と心底思える数少ない町の一つで、帰るのがもったいないくらい。

出来れば、旧市街の中にある修道院跡のホテルが経営しているリストランテのテラスから美しい景色を見下ろしながらお食事したかったのですが、スケジュールがタイトだったので、断念。

Dsc05682 緑の丘陵地はいつ見ても美しいです。

でも丘陵地の中をドライブすると、実はいろんな色が混ざっています。イガマメが綺麗に濃いピンク色の花をつけていたり、小麦畑の中に真っ赤なポピーが咲いていたり、菜の花のような黄色い花が咲いていたりで、見る者を楽しませてくれます。

Dsc05744 これは旧市街の中の人家の入り口の写真。

お花が見事に咲いていて、とても美しいです。

いくら高価なものを飾っても、植物の自然の美しさにはかなわない気がします。

今週末は私もお家の植え込みを綺麗にしたいと思います。

|

« シエナの黒豚、チンタセネーゼを訪ねて | トップページ | 初夏のお庭 »

コメント

Pienzaキレイですよねぇ・・・。
私も5月の連休に行ったことがあります。
でも曇り空だったけど・・・。

トスカーナもやっぱり美しいところですねぇ。
たまには行きたくなりますね!

投稿: kinuko | 2006/05/26 01:36

 町並みがほんとに美しいね~
 植物の美しさには同感・・・

 町の人たちの努力も大きいんだね。
 イタリアの風景、植え込みの参考になるので、とてもありが たいわ~これからも、たくさん写真見せてください!

投稿: パーゴラ | 2006/05/26 07:02

Kinukoさん
ほんと、ピエンツァ、綺麗です。いつの季節に行っても綺麗だからまたびっくりしますけど。
本当に一度ゆっくり遊びに来てくださいね!
ワイン片手(両手?!)にドライブしましょう。
(花より団子?酒?)

パーゴラさん
ほんと、植物って不思議な力を持っているよね。
大学時代に真面目に勉強しとくんだった・・・って思うよ。
イタリアの綺麗な町並みがあるところはどこに行っても町の人たちの努力を感じるわ。でもここまで綺麗にしている町ってトスカーナでも本当に少ないんだよ。
町並み自体が綺麗でもこんなにお花を飾っている町は貴重。
またいろんな植え込みの写真アップするわねっ。


投稿: Aya | 2006/05/26 10:38

Ayaさんお久しぶりです。ビエンツア趣ありますね、フランスのヴェズレーにも似ているみたい。ローマのガリア遺跡もリヨンで見ましたが、フランスとイタリアの共通点は多いです。
ところで、ジダンの頭突き、イタリアではどう言われているのですか?イスラム系アルジェリア出身の彼の株は、本国で高まり(今まではスペイン人妻と結婚したとか子供の名が西欧風だとかで本国人からは距離を置かれていたとか)大統領から招待まで来たとか。お前は売女の息子、というのが喧嘩侮辱の定番なんだそうですね。これは亡くなった米原万理さんの本で知りました。中国人に、親しみをこめて、私の息子だ、と世話してあげた中国人の若者に言ったところ大いに誤解されて、(つまり君のお母さんといたしたという意味になる)絶交されたとか。日本ヴァージョンでは、お前の母さんでべそ、というのがこれに当たるとか。理由はでべそであるとわかる為には一緒に
過ごしてないとわからないでしょ?

投稿: Paris | 2006/08/02 09:04

Parisさん、お久しぶりです。
さて、ジダンの頭突きの件、イタリアではサッカーの試合でいわゆる悪い言葉が行き交うのは当然至極のことで、その挑発に乗った選手の負けだというのがみんなの意見で、おっしゃるとおり、日本語に訳すとすごい悪い表現に聞こえますが、イタリアでは、嫌なやつ、卑怯なやつ、こんきくちょう、という意味合いで、この言葉を使うので、実際に直訳を聞いてかなり同情している日本人の見解とかを見ると、言葉の概念が伝わっていない気がします。
ジダンもユヴェで一定期間イタリアでプレーしていたので、それは重々承知のはず。ただ、疲れもあったり、たままたお母様の具合が悪かったりで、かちんときたのでしょうね。

投稿: Aya | 2006/08/03 08:48

Ayaさん、ええ、双方、人間らしくていいかな、と。日本とか
ブラジルも、負けて帰るとこてんぱんに世論というかマスコミに叩かれるようでお気の毒。だって、終ってしまったことをぐだぐだ言っても何も変わらないのにね?その点、ジダンはフランスで、お前のせいで優勝できなかったとか、叩かれるわけじゃないから、いいですよね。イタリアとフランス、似てるとこと似てないとこ、見てるとおもしろいです。
先日、暑いけど冷房で寒い日本から帰ってきて、久しぶりにマルシェでオリーブを買ったのですが、うっかり冷蔵庫に入れず、翌日も食べて、お腹を壊してしまいました。冷房がないフランスとはいえ、暑かったので。夏はやはりマルシェなら早朝に買わないといけませんね。猛暑のせいか、マルシェの野菜もしんなりしおしお元気ない。でも朝夕はひんやり爽やかな風です。そろそろ紀子様、待望の男児出産のもっぱらの噂ですねー

投稿: Paris | 2006/08/03 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34325/1938970

この記事へのトラックバック一覧です: またもやピエンツァへ:

« シエナの黒豚、チンタセネーゼを訪ねて | トップページ | 初夏のお庭 »